2012.01.04

▽外務省に告ぐ

佐藤優『外務省に告ぐ』(新潮社)

元外交官でいまは文筆家として活躍する佐藤優が、『新潮45』に連載したコラムをまとめたもの。

収録されたコラムの初出は、同誌の2008年11月号から2011年5月号までで、これを時系列ではなくテーマ別に並べているために、起きた事件が時間的に前後して取り上げられたりしていて、ちょっとわかりにくい。

というか、まあ、この間に起きた事件というと、政権交代、小沢一郎の政治とカネの問題、特捜検事のフロッピー改竄問題、大震災と原発事故などなど、ホントに、いろんな事件が起きたなあとしみじみ思います(笑)。

▽元外交官による人間観察の集大成
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2009/01/post-62e4.html
▽佐藤優のお薦め『大統領のカウントダウン』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2010/08/post-2198.html
▽『小沢革命政権で日本を救え』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2010/09/post-dad9.html

[目次]
まえがき “surprisingly”

第1章 外交敗戦――北方領土はなぜ失われたのか?
 ロシアにもなめられ、北方領土を失う日
 モスクワ空港爆弾テロが及ぼす北方領土交渉への影響
 ロシアが私を攻めてきた!
 池田大作・ゴルバチョフ会談の謎解き
 ウィキリークスが日本に仕掛けたインテリジェンス戦争

第2章 民主党はなぜ官僚に敗れたのか?
 政権交代で生き残りに蠢く外務官僚たち
 小鳩政権崩壊の真実
 なぜ日本はかくも弱くなったのか

第3章 「外務省」という病
 童貞外交官の罪と罰
 外交特権を濫用した蓄財の天才たち
 自殺者、幽霊、伏魔殿
 セクハラ、パワハラ
 空飛ぶ密輸便
 外務官僚の語学力

第4章 「国家の罠」その後
 ムネオ詣でを始めた外務官僚たち
 小沢一郎秘書逮捕と政権交代の恐怖
 あえて特捜検察を擁護する
 特別対談 元特捜部長VS.佐藤優
 特別対談 鈴木宗男VS.佐藤優

第5章 「機密費」をめぐる最終戦争
 機密費
 特別対談 元警視庁捜査2課刑事・萩生田勝VS.佐藤優
 宗男VS.平野官房長官、機密費をめぐる最終戦争

第6章 沖縄への想い
 実は決断の専門家、鳩山研究論文で読み解く総理の実像
 密約問題の全舞台裏
 亡き母にとっての沖縄と日本

あとがき 顕在化した中国の脅威に立ち向かえる「外交力」を再生せよ


|

書評2012年」カテゴリの記事