2012.02.11

▽天才伝説 横山やすし

小林信彦『天才伝説 横山やすし』(文藝春秋)

本書は、横山やすしの伝記というよりも、作家の小林信彦が間近で見た横山やすしが綴られている(1998年刊行)。

小林とやすしの接点は、小林の小説『唐獅子株式会社』を、1984年に映画化した際に、主演にやすしが抜擢されたことにある。斜陽化しつつあった映画界の裏側もかいま見える。

なにげに読み始めたら、ページを繰る手がとめられないほどおもしろかった。おすすめ。


|

書評2012年」カテゴリの記事