2012.02.20

▽政治家の殺し方

中田宏『政治家の殺し方』(幻冬舎)

2002年から2009年まで横浜市長をつとめた中田宏が、市長時代に直面した困難の数々を振り返ったもの。

正直なところ、横浜市政についてはあまり関心がなかったのですが、本書で明らかにされた事実は、唖然とするようなことばかり。

事実無根のスキャンダルが週刊誌に掲載され、それが市議会で追及されると、さらに新聞やテレビで報道されるという魔のスパイラルにはめ込まれていく……。

特に、驚いたのが、公務員の堕落ぶり。

職員から実名で「死ね」と書かれたメールが続々と届いたり、市長を脅迫して逮捕される職員がいたり、定期券の購入費削減のために一カ月から半年にかえたら賃金の返還を求める職員が現れたり……。

「ホントかよ」とあきれてしまうようなことばかり。とにかく、唖然とさせられてしまいます。


|

書評2012年」カテゴリの記事