2012.03.22

▽ドラゴン・タトゥーの女

スティーグ・ラーソン『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(上)』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

スティーグ・ラーソン『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(下)』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

まずは、あらすじの紹介を。

《月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家の違法行為を暴く記事を発表した。だが名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れた。そんな折り、大企業グループの前会長ヘンリックから依頼を受ける。およそ40年前、彼の一族が住む孤島で兄の孫娘ハリエットが失踪した事件を調査してほしいというのだ。解決すれば、大物実業家を破滅させる証拠を渡すという。ミカエルは受諾し、困難な調査を開始する。》

なんだか、ヨーロッパの実業界を舞台とした経済サスペンスもののような導入なんですが、下巻からは、過去に発生した、猟奇的な連続殺人事件をめぐるミステリーへと急展開。

一粒で二度おいしい長編ミステリーです。


|

書評2012年」カテゴリの記事