2012.04.07

▽もし、仮設住宅で暮らすことになったら――『仮設のトリセツ』

岩佐明彦『仮設のトリセツ―もし、仮設住宅で暮らすことになったら』(主婦の友社)

もし、仮設住宅で暮らすことになったら?

東日本震災以降、地震や津波に関する予測がさまざまなかたちで発表されています。もし被災したら、仮設住宅で暮らすことになるだろう。その時、どうしたらよいのだろうか?

そんなニーズ応えるべく作られたのが本書です。本書は、新潟大学工学部の岩佐明彦研究室が開設した同名のブログ()( http://kasetsukaizou.jimdo.com/ )の内容がベースになっています。

さまざまな仮設住宅の紹介や、実際に仮設住宅で暮らしている方々の生活を快適にするための工夫なども盛り込まれていて、なかなか興味深い「仮設のトリセツ」になっています。


|

書評2012年」カテゴリの記事