2012.06.20

▽麻生幾『極秘捜査』――政府・警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」

麻生幾『極秘捜査―政府・警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」』(文春文庫)

本書は、スパイ小説の第一人者である麻生幾が、1995年のオウム真理教による地下鉄サリン事件と、それに対する警察側の対応を描いたノンフィクション。

当時のことを知っている者としては、特に、驚くような新事実があるわけでもなく、また、ディティールが細かすぎるきらいはあるものの、それでもあの時の騒然とした雰囲気はまざまざと思い起こされます。


|

書評2012年」カテゴリの記事