2012.06.07

▽図表と地図で知るヒトラー政権下のドイツ

クリス・マクナブ『図表と地図で知る ヒトラー政権下のドイツ』(松尾恭子訳、原書房)

ヒトラー時代のドイツを、地図や図表を使って、わかりやすく解説したもの。著者のクリス・マクナブは、イギリスの軍事史などを専門とする作家である。

特に新しい事実が盛り込まれているわけではありませんが、第三章の経済の項目をみると、ヒトラーは、疲弊したドイツ経済の救世主として登場したことが改めてわかります。

もちろんそれは軍事的な拡張政策とセットになった軍需産業の伸長によるもので、いずれ破綻することはわかりきっていたはずのことなのですが。

[目次]
第1章 第三帝国の歴史
 新しい国際秩序 1918-1933年
 権力掌握 1933-1939年
 領土拡張 1939-1942年
 敗北と崩壊 1942-1944年
 終焉 1945年とその後

第2章 領土
 併合
 ポーランドの占領体制
 西ヨーロッパの占領 1940-1944年
 ソ連侵攻
 中央集権国家
 占領と搾取 1939-1945年

第3章 経済
 経済と雇用 1933-1939年
 商業と工業 1933-1945年
 兵器生産
 労働条件と食糧事情

第4章 政権と指導者
 党と国家
 組織と政策決定
 指導者としてのヒトラー

第5章 警察と司法
 警察権力
 裁判
 警察の任務

第6章 国防軍
 軍の復活 1919-1939年
 陸軍
 陸軍の戦力 1939-1945年
 海軍
 空軍
 敗北の理由と犠牲

第7章 民族政策
 迫害
 ホロコースト

第8章 社会政策
 青少年政策
 教育政策
 女性政策
 歓喜力行団

第9章 スポーツ・芸術文化・宗教
 スポーツ
 党大会
 芸術文化
 ラジオと新聞
 宗教
 古代信仰とシンボルマーク

索引


|

書評2012年」カテゴリの記事