2012.08.28

▽種が絶滅する時――『捕食者なき世界』

ウィリアム・ソウルゼンバーグ『捕食者なき世界』(野中香方子、高槻成紀訳、文藝春秋)

28日に環境省が発表したところによると、ニホンカワウソとツキノワグマが、絶滅種に指定されました。三十年間以上、生息が確認されていないからという。

ニホンカワウソとツキノワグマ「絶滅」: The Voice of Russia

日本の環境省は火曜、公式に、国内に棲んでいる哺乳類のリストから2種目を削除した。「絶滅の危機に瀕している動物のレッド・リスト」から、ニホンカワウソ、九州南部の山林に生息していたツキノワグマが削除された。

28日に環境省が発表したところによると、ニホンカワウソとツキノワグマが、絶滅種に指定されました。三十年間以上、生息が確認されていないからという。1905年にニホンオオカミが絶滅指定されて以来の、絶滅種指定という。

こうした「捕食動物」の絶滅が、生態系のバランスを崩し、生物の多様性を失わせる原因となっている、と主張しているのがウィリアム・ソウルゼンバーグ『捕食者なき世界』である。

食物連鎖の最上位にいる大型捕食動物(トッププレデター)が絶滅すると、それらに捕食されていた「被捕食動物」が無制限に繁殖し、植物などを食い尽くし生態系を破壊すると、やがて、その種も絶滅に向かうという。

こうした現象を防ぐには、トッププレデターを放すことが役に立つだろうとの考えから、アメリカのイエローストン国立公園にオオカミが放たれた。同公園では、その結果、増えすぎたアカシカの個体数の抑制と森林被害の抑制に成功したという。

では、トッププレデターを絶滅に追い込んだものは何かと言えば、それは人間であることは言うまでもないだろう。


|

書評2012年」カテゴリの記事