2012.08.05

▽『それでもボクはやってない』――日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!

周防正行『それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり! 』(幻冬舎)

周防正行監督の映画『それでもボクはやってない』のシナリオ、自作解説、そして、元裁判官との日本の刑事裁判についての徹底対談の三部構成。

映画自体は、さまざまな事件をもとにして構成されていますが、自作解説の「なぜこのシーンをカットしたのか」はシーンごとの意図を解説し、また、元裁判官との対談もさまざまなシーンをふまえたものとなっていて、刑事裁判のあり方について考える上で、非常に読み応えのある内容となっています。

[参考]▽それでもボクはやってない
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/02/post-d18e.html


|

書評2012年」カテゴリの記事