2012.09.30

▽『政治家やめます。』――ある自民党代議士の十年間

小林照幸『政治家やめます。』(毎日新聞社)

本書の舞台は、愛知県の知多半島。

そして、本書の主人公は、ここを選挙区として、1990年から1999年まで、三期十年代議士をつとめた久野統一郎。

サラリーマンだった統一郎は、父親の地盤を引き継ぐかたちで、いやいや代議士になり、結局、十年で引退してしまう。

本書は、中央政界から遠く離れた、地方の陣笠議員の日常と心理を、淡々と率直に綴ったものである。切った張ったの世界とはまた別の政界のリアリティがかいま見えて面白い。


|

書評2012年」カテゴリの記事