2012.12.31

▽2012年に当ブログで売れた本

2012年も、もうすぐ終わります。2012年に当ブログで売れた本十傑を紹介します。

まあ、ランキングをつけるほどは売れていないので、あくまでも十傑ということで・・・・・・。

今回は、過去に何度も十傑に登場してきた「定番の十傑」と、それ以外の今年紹介した本の十傑にわけて紹介したいと思います。

まずは、「定番の十傑」から(当ブログでの紹介順)。

▽インテル・インサイドとアップル・アウトサイド――技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2009/11/post-feeb.html

▽シビックプライド――ヨーロッパにおけるケーススタディ
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2009/12/post-d65f.html

クックパッドのビジネス・モデル
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/news/2011/05/post-b35e.html

▽『フェリカの真実』――ソニーが技術開発に成功し、ビジネスで失敗した理由
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/06/post-9895.html

▽隠れた名著『すぐれた意思決定』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2010/08/post-a53d.html

▽ユニクロの本質とは?――『ユニクロ帝国の光と影』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/03/post-fdd6.html

▽PhrasalVerb Organizer
英語力強化法Vol.11 英会話で難しいのは簡単な単語
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/08/vol11-5eb1.html

▽『働かないって、ワクワクしない?』――職場が嫌いな二十五の理由
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/07/post-b1d7.html

▽『市町村合併で「地名」を殺すな』――「さいたま市」は最低の地名だそうです
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/07/post-dc43.html

▽落合監督ご苦労様でした――『采配』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/11/post-ddf4.html

続いて、2012年に紹介した本で売れた十傑(当ブログでの紹介順)。

▽年金倒産――企業を脅かす「もう一つの年金問題」
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/01/post-d7ee.html

▽大鹿靖明『メルトダウン』――福島第一原発事故ドキュメントの決定版
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/02/post-b55c.html

▽日本の地方財閥
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/03/post-1c2a.html

▽コンビニだけが、なぜ強い?
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/04/post-9c53.html

▽ウエストミンスター・モデルとは何か?――『イギリス矛盾の力』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/04/post-9c53.html

▽派遣会社もツライよ――『仕事がない!』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/07/post-f8da.html

▽『約束の日』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/10/post-b2a3.html

▽『戦後史の正体』――通説に挑戦した意欲作
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/10/post-fa67.html

▽放射能雲の下で何が起きたか――『原発難民』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/10/post-f466.html

▽64――警察が隠し続けた失態とは?
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/11/64-e32e.html

当ブログで取り上げる本のコンセプトは、基本的には「クロス・カルチュラルなノンフィクション」です。もちろん例外もありますが、ノンフィクションで異文化がクロスするような内容のもの、あるいは、時代の転換点(古い文化と新しい文化が衝突、交錯する時代)を分析するようなもの、が中心です。

献本もお待ちしていますので(笑)、ここをご覧になられている出版社の方がいらっしゃったら、右カラム上の「メール送信」のところをクリックしてご連絡いただければ幸いです。

では、これからもいっそうの内容充実をめざして精進しますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

[参考]
▽当ブログで売れた本――2009年
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2009/12/2009-dd61.html
▽当ブログで売れた本――2010年上半期
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2010/08/2010-0d88.html
▽当ブログで売れた本――2010年下半期
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2010/12/2010-9982.html
▽当ブログで売れた本――2011年原発関連
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/05/2011-fe88.html
▽当ブログで売れた本――2011年上半期
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/06/2011-fe42.html
▽2011年に当ブログで売れた本
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/11/2011-b0d5.html
▽当ブログで紹介した本――東日本大震災・福島原発事故から一年
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/03/post-05d4.html
▽当ブログで売れた本――2012年上半期
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/06/2012-a743.html


|

書評2012年」カテゴリの記事