« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013.02.10

▽『メイド イン ジャパン』――驕りの代償

井上久男『メイド イン ジャパン 驕りの代償』(NHK出版)

経済ジャーナリストの井上久男が、かつて「メイドインジャパン」を誇った日本の製造業が、いかに凋落していったかを掘り下げたのが本書である。

気に入らない記事があるとマスコミに圧力をかけたパナソニック、液晶テレビへの過剰投資に走ったシャープ、ストリンガー時代に迷走を続けたソニー、そして、リーマンショック直前まで新規工場をつくり続けたトヨタ。

いずれの会社も、経営者の「驕り」ともいえる暴走がつまづきの原因となっている。

これらの会社は、最近の円安傾向で、業績的には若干、息を吹き返しつつあるものの、それでも著者の指摘は鋭く重い、といえるだろう。

[目次]
第1章 パナソニック・ショック
第2章 存亡の危機シャープ
第3章 日産自動車再生の教訓
第4章 ソニー、パナソニック、シャープ新社長の実力
第5章 エンジニア流出
第6章 トヨタの栄枯盛衰
第7章 日本企業の課題―失われた20年を取り戻せるか

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »