« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013.04.23

▽破産した自治体再建の実態――『医療にたかるな』

村上智彦『医療にたかるな』(新潮新書)

2006年6月に財政破綻が明らかになった北海道夕張市――。

かつては炭坑の街として栄えた夕張市が財政破綻した後に、その夕張市の医療再生を担った著者が、どこに問題があったかについて率直に述べたものである。

《北海道の人間にとって、かつて夕張と言えば「もっともお金持ちで栄えている地域」でした。……落盤事故が起こるのは事実ですが、危険な作業への代償として、労働者たちは下にも置かぬ扱いを受け、家賃や暖房費はもとより、光熱費、水道代といった公共サービス、はては映画館の入場券まで、すべて無料で提供されました。もちろん医療費もすべて無料です。……この頃に、夕張の人たちは「何でもかんでも会社が丸抱えで生活の面倒を看るのが当たり前」という生活に慣れてしまい、歪んだ権利意識を持つようになってしまったのです。》(pp.77-78)

いったん身についてしまった「たかり体質」は、容易にぬぐい去れる物ではないことが、本書を読むとよくわかる。

[目次]
はじめに

第1章 日本の医療はなぜ「高い」のか?
1.「医療費が高い地域」に同情するな
過剰医療への宣戦布告/医療過疎地での診療所開業/日本一医療費の高い町
2.健康意識は「施し」からは生まれない
「ケア」と「キュア」/患者を減らす方法/一次予防がもっとも安い/注射信仰を逆手に/行政の動かし方/格差をつければ公平になる/保険制度とフリーアクセス/「施し」は逆効果
3.医療施設では人の健康は守れない
日本一医療費の安い地域/医療と寿命は無関係/生活習慣こそが問題/予防医療を阻むもの
4.医療批判に隠された「ごまかし」
フィンランドへ/北欧型の福祉政策/高福祉高負担への批判は正当か/医療亡国論のデタラメ/アメリカ型医療には反対/日本の医療は世界一/検査マニアの勘違い/恥知らずの高齢者たち

第2章 医療を壊す「敵」の正体
1.夕張を破綻させた「たかり体質」
北海道の土地柄/北海道人の気質/北海道の医療の特徴/夕張市の真実/“炭都”で育まれた「たかり体質」
2.既得権益を死守する「政治」「行政」
四面楚歌の夕張入り/決断しない政治/無責任な行政/夕張を蝕んだ労働組合/醜悪な権益確保
3.「マスコミ」の自作自演構造
マスコミの習性/救急拒否事件の真実/ウェブ雑誌の反論手記/思考停止が生み出す自作自演
4.責任回避と権力欲に走る「医療者」
医療関係者のリスク恐怖症/縦割りとリスク回避の構造/権力欲に転ぶ人たち/若月先生も妨害された/官がいいか民がいいか/オランダのビュルトツォルホ
5.「市民」という名の妖怪が徘徊する
歪んだ権利意識/夕張市民の非常識/「ニーズ」と「ウォンツ」/ニーズはアンケートで決めるものではない/「知らなかった」は免罪符にならない/自立した市民とは

第3章 「戦う医療」から、「ささえる医療」へ
1.高齢者医療は「死」を前提に組み立てよ
人は必ず死ぬ/「戦う医療」の限界/「胃ろう」は是か非か/家族との話し合い/口腔ケアの知られざる効果/リスクと向き合う/カリフォルニアの親戚
2.医療を超えた「ケア」を実践せよ
「ささえる医療」とは/老健と在宅医療/在宅の驚くべき効果/コミュニケーションが大事
3.行政への「丸投げ」は卒業せよ
厚生労働省の医療行政/制度は現場から変える/病院死と在宅死/孤独死の問題
4.日本人よ、「公」になれ
「ささえる医療」の担い手/まずは見学から/斜めのつながりを/公の精神

おわりに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.06

▽『参謀』――落合監督を支えた右腕の「見守る力」

森繁和『参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」』(講談社)

落合博満が監督として中日を率いた8年間の間、その右腕として活躍した森繁和ヘッドコーチの回顧録。ベストセラーとなった落合監督の『采配』とあわせて読むとおもしろい。

また、現役時代の落合が、さほど交流のなかった森繁和を右腕として抜擢したのか? についても明かされている。なんと、森が西武時代にGMとして指揮をとっていた根本陸夫が、落合に「あの野郎、おもしろいぞ、使うと。おまえみたいなヤツが使うとけっこう」(p.47)と推薦していたのだという。

[参考]
▽落合監督ご苦労様でした――『采配』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/11/post-ddf4.html
▽落合博満伝説
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2010/11/post-e860.html
▽落合が語るコーチング術
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2009/01/post-c1b2.html
▽『落合戦記』――すべてはここからはじまった
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2012/03/post-b367.html
▽『10・8』――巨人VS.中日 史上最高の決戦
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2013/03/108vs-9242.html

|

▽『塀の上を走れ』――田原総一朗自伝

田原総一朗『塀の上を走れ――田原総一朗自伝』(講談社)

田原総一朗といえば、毎週のようにテレビや週刊誌に登場しているものの、いったい何者なんだ? ということは、あまりよく知られていない。

本書は、その田原総一朗の自伝であるが、まあ、いろいろなことにチャレンジを続けてきた人だということはよくわかる。

興味深いのは、税制問題を追及する報道によって橋本龍太郎を退陣に追い込んだ後の述懐。

《私はそれまで、権力を過大評価していた。私だけでなく、左翼はだいたい権力を評価しすぎる嫌いがある。権力というのは、こちらが真っ向から批判すれば、何か別のアイデアを出してくるものだと思っていた。ところが、アイデアが出るどころか、首相自身が倒れてしまう。……これが転換点となって、私は自分の生き方を修正する。ただ権力を批判するのではなく、こちらからも対案を出すことにしたのだ。》(p.313)

|

2013.04.05

▽『未解決事件 グリコ・森永事件』

NHKスペシャル取材班『未解決事件 グリコ・森永事件~捜査員300人の証言』(文藝春秋)

劇場型犯罪のさきがけと言われた「グリコ・森永事件」。

すでに時効を迎えた未解決事件を、27年の時を超えて、NHKスペシャル取材班が、ふたたび、その真相に迫る……という意気込みは良いのですが、特に、大きな新事実の発見があったわけでもなく、ちょっと肩すかしな内容でした。

事件を振り返る企画としては悪くないのですが、ちょっと物足りないかも。

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »