2013.09.15

▽『いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話』

長谷川豊『いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話』(小学館)

ニューヨーク駐在時代に、「横領」の濡れ衣を着せられた民報テレビ局のアナウンサー。日本への帰国命令が出され、アナウンサー職は解かれ、「著作権部」へと左遷された。週刊誌やネット・ニュースでは、「アナウンサーの横領事件」として大々的に報道された。

しかし、「懲罰委員会」の運営方法のおかしさや、社内情報を漏らす人物の存在に気づいた彼は、自分がねらい打ちにされたのではないか、という疑念を抱くようになる。

そして――。

放送局を退社した彼は、自分のブログを使って、自分を陥れた人物への報復を開始する――。

スリリングなビジネス小説のような展開ですが、これは本書に書かれている通りの内容です。実際の文章は、もっと砕けているんですけどね。

ネット社会の一面も綴られていて興味深く読みました。

[目次]
序章 フジテレビを訴えれば済む話か?
ご挨拶 「長谷川豊がお伝えします」
第1章 「はせっち!」―僕がアナウンサーを目指したわけ
第2章 「ジャニ顔を選べ!」―僕は「伝えたい」と思った
第3章 ライブドア騒動と『まる生』事件
第4章 アナウンス室の立場
第5章 「僕でよければ行きましょうか?」
第6章 マイクを奪われた日
第7章 最後の取材活動へ
第8章 真相の深層
第9章 この本の読者の皆様にお届けするもう一つのリポート
終章 そして明日へ―マイクを取り戻した日


|

書評」カテゴリの記事