« 2013年11月 | トップページ | 2014年8月 »

2013年12月

2013.12.21

▽御曹司の二つの顔――『熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録』

井川意高『熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録』(双葉社)

本書は、巨額の使い込みが発覚した元大王製紙会長の懺悔録である(2012年10月に懲役四年の実刑判決を受け控訴中)。

使い込みの原因がギャンブルだったこともあり、ほしのあきをはじめとする芸能人などとの交友録も含めて、御曹司の「裏の顔」が綴られている。

しかし本書の興味深いのはそれだけでなく、経営者としての「表の顔」もしっかりと語られている点だ。

大王製紙の創業家の三代目として、赤字部門の立て直しなどを任されるなど、経営者としては有能だったことが伺える。

《のちに私が東京地検特捜部に逮捕されてから、大王製紙からも多くの人間が取り調べに応じている。5000ページにも及ぶ検察調書を読むと、仕事のやり方について私の悪口を言っていた社員はいない。こればかりは素直にうれしかった。
「井川さん、あなたは仕事はできる人だったんですね」
 特捜検察官からも、苦笑交じりにそんな皮肉を言われ、複雑な気持ちになったものだ。》(p.104)

この「表の顔」と「裏の顔」がどうつながっているのかが、本書からは今ひとつ伝わらない。そこが残念と言えば残念である。

|

2013.12.04

▽『別海から来た女』――悪魔祓いの百日裁判

佐野眞一『別海から来た女』(講談社)

通称がなんと言われているかよくわからないが、首都圏で婚活を悪用して詐欺や自殺に見せかけた殺人を連続して行った女性の犯人像にせまったルポである。

著者の作風についてはいろいろと取り沙汰されているが、そういう点を差し引いても、なかなか興味深く読むことができた。また、多くの被害者の抱えていたさまざまな「事情」も伺いしれた。

《この事件はそれと同時に、"妹(いも)の力"の偉大さも教えてくれた。木嶋の魔手から危うく難を逃れることができたのは、決まって姉や母が木嶋を見て出す"警戒警報"のおかげだったからである。
 この世には、木嶋のような女ばかりがいるわけではない。それがこの事件のせめてもの救いである。そう言うのは、あまりにもわびしい結論だろうか。》(p.273)

|

2013.12.02

▽『家族喰い』――尼崎連続変死事件の真相

小野一光『家族喰い――尼崎連続変死事件の真相』(太田出版)

兵庫県尼崎市で発生した連続変死事件を追ったルポである。

この事件は、2012年10月にマスコミで大々的に取り上げられるようになったものの、本書によると、その一年前から一部のマスコミは大がかりな取材班をつくって裁判などをフォローしていたという。

2012年9月になって、一味の一人が自供をしたことから事件の全貌が明らかになったものの、11月に主犯が留置場で自殺(?)したことから、事件の謎はなんら解明されないままになってしまった。

本書では、報道された事実についての検証や新事実の発掘も多かったが、それでもなお多くの謎は残されたままである。

[目次]
プロローグ
第一章 角田美代子と裏稼業
第二章 グリコ森永事件との奇妙なつながり
第三章 親の愛に飢えた少女
第四章 非公然売春地帯への紹介者
第五章 最初の家族乗っ取り
第六章 警察の怠慢
第七章 美代子の暴力装置
第八章 被害者と加害者の父
第九章 谷本家の悲劇
第十章 自由への逃走、追跡後の悲劇
第十一章 崩れる大人たち
第十二章 さまようファミリー
エピローグ

|

2013.12.01

▽『原発ホワイトアウト』

若杉冽『原発ホワイトアウト』(講談社)

本書は、現役官僚が正体を隠したままペンネームで発表したと言われている。小説としてのおもしろさはいま一つだが、ノンフィクションに近いものとして読むとなかなか興味深い。

本書に登場する「関東電力」は、市場価格よりも二割高い価格で取引先に発注し、その取引額の4パーセントを「東栄会」という組織にプールする。そしてその「東栄会」が、政治家やマスコミ、学者などの工作を行ってきたという。

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年8月 »