2014.08.12

▽結局わかりませんでした――『日立製作所 川村改革の2000日』

小板橋太郎『異端児たちの決断 日立製作所 川村改革の2000日』(日経BP社)

2008年9月のリーマン・ショック後の2008年度決算では、7000億円もの連結最終赤字を計上する事態に陥った日立グループ。

これを機に経営体制は一新され、当時69歳の川村隆が社長兼会長に就任した。川村を中心とする「六人組」による構造改革が功を奏し、2013年度決算では、二十三年ぶりの営業利益の最高益を更新することができた。

この間に、日立グループが行った対策について記述しているのが本書である。

経営再建のロードマップは以下の四本柱によって立てられた(p.92より)。

(1)出血している事業のリストラ。近づける事業と遠ざける事業の峻別
(2)上場子会社を取り込み、社外に流出している利益を取り込む
(3)社会イノベーション事業で世界に出る成長戦略
(4)社内カンパニー制で事業部門を自立させる

こうした方針に沿って行われた日立再建の軌跡を、本書は追っているが、一つの大きな課題は未だ達成されていないことがわかる。それは、「御三家」と呼ばれる独立色の強い子会社三社(日立金属、日立電子、日立化成)の扱いである。

日立電線は日立金属と合併し、その布石として日立本体との経営陣の交流も行われてきた。しかし、ソニーやパナソニックが構造改革の際に断行した子会社の吸収合併は、日立においては未だ実行に移されていない。

《日立製作所が、日立電線と合併した日立金属と「御三家」のもう一角、日立化成をどうしようとしているのかはまだみえない。》(pp.152-153)

改革の途中でアベノミクスにより利益が急回復してしまっただけのようにも見えてしまいます。この改革は本物だったのか、結局よくわかりませんでした。

[目次]
【第一章】六十九歳の再登板
【第二章】「不沈艦」の黄昏
【第三章】裸になった経営陣
【第四章】「御三家」の換骨奪胎
【第五章】豪腕、中西宏明の凱旋
【第六章】インフラ輸出の牽引車
【第七章】グローバル化は隗より始めよ
【第八章】日立の次代を担う者


|

書評」カテゴリの記事