2014.09.11

▽「テレビが楽しくなくなった」――ロンブー淳

文藝春秋2014年10月号『総力特集:新聞、テレビの断末魔』(文藝春秋)

お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、文藝春秋2014年10月号の総力特集『新聞、テレビの断末魔』に「テレビが楽しくなくなった」というタイトルで寄稿している。

テレビ業界の過剰コンプライアンスがテレビをつまらなくしている、という問題意識から、政治に関心を持つようになった、と淳は語っている。その過剰コンプライアンスの一例として、次のようなものをあげている。

《中には、「『ハーフ』は駄目」という番組もありました。何と言い換えればいいかと聞くと、「『混血』と言ってください」。いやいや、ちょっと待て、と。そちらの方が言わないでしょう。「あ、君、混血だもんね」なんて気軽に言えないですよ。》(p.252)

田村淳は、安倍総理の地元である山口県出身であり、昭江夫人とも親しいという。

【ニコニコ動画】田村淳のNewsClab 2009年2月19日 ゲスト「安倍 晋三」


|

書評」カテゴリの記事