2014.09.10

▽『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』

マシュー・アムスター=バートン『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』(関根光宏訳、エクスナレッジ)

本書は、『英国一家、ますます日本を食べる』と似たようなタイトルの本ですが、特に関係があるわけではなく、たまたまアメリカのフードライターが書いた本を、『英国一家~』の人気に便乗して翻訳したもののようです。

東京中野で暮らすことになったアメリカ人のフードライターが、ジャンクフードやコンビニの食べ物などの、日常的に日本人が食べているものについて綴っています。

『英国一家~』が、伝統的な和食を中心に扱っているのに対して、本書は、普通の日本人が日々食べているものを取り上げており、両者をあわせて読むと、面白さも増します。

原書"Pretty Good Number One: An American Family Eats Tokyo"は、日本の日常生活を英語で表現するとこうなる、という良い見本になっていまます。Kindle版も買えるようです。


|

書評」カテゴリの記事