2014.10.30

▽ヴィクトリア時代の一つの人生、二つの履歴書――『名探偵ホームズとドイル』

川村幹夫『名探偵ホームズとドイル―ヴィクトリア時代の一つの人生、二つの履歴書』(海竜社)

名探偵シャーロック・ホームズと、その生みの親であるコナン・ドイルの人生を、彼らの生きたヴィクトリア朝時代イギリスの社会背景などを踏まえつつ描いた人物伝。

あまり新発見めいたところは無いものの、入門書としては、割とよくまとまっている。

ドイルが生きた時代というのは、1849年から1930年までで、産業革命が起こるなどイギリスがもっとも栄えた時代であった。

ところで、ホームズが相棒となるワトソンと初めて出会ったのは1881年のことであるが、この時ホームズはワトソンがアフガニスタンに出征していたことを言い当てる。ワトソンは第二次アフガン戦争に軍医として従軍していたのだが、アフガニスタン戦争や、クリミア戦争など、この時代から国際情勢の火種となっていたことも良くわかる。

[目次]
第1章 ホームズとドイルが活躍した時代風景
  ―大英帝国の光と影のはざまで
第2章 名探偵ホームズ、彗星のごとく現る
  ―盟友ワトソンとの出会いと華々しい活躍
第3章 ドイル、苦闘の医学生時代
  ―貧乏と家庭崩壊の中で
第4章 ホームズ、一躍スターダムへ
  ―ホームズ物語の大成功
第5章 妻と恋人の間で深まる苦悩の日々
  ―ドイルの「二重生活」の始まり
第6章 作家としての絶頂期と第一次大戦
  ―大英帝国の不滅を信じて
第7章 心霊主義への転向、そして「次なる世界へ」
  ―文豪コナン・ドイルは、次なる世界で生き続ける


|

書評」カテゴリの記事