2014.11.29

▽『<役割語>小辞典』

金水敏『<役割語>小辞典』(研究社)

「役割語」とは?

《話し方と人物像が結びついているとき、その話し方を役割語というわけですが、話し方には語彙、話法、言い回し、イントネーション等の要素がある》(p.vi)

このような視点で、さまざまな「役割語」を収集し、辞書的に配列して解説を加えたものが本書である。

たとえば、「ほほほ・おほほ」は、

《笑い声を表す感動詞。口元を手でおおったりして控えめに軽く笑う笑い方。主として女性の笑い声を表す(<女ことば>)。》(p.170)

もちろん挿絵は、『エースをねらえ!』のお蝶夫人(笑)。


|

書評」カテゴリの記事