2010.02.26

ポーツマス破産申請――プレミア・リーグ史上初

ポーツマスが26日、破産申請をしました。プレミア・リーグ史上初めてのこと。

Premier League's Portsmouth enters bankruptcy
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5gHVVjRZ-YOwSC3hevyN5B51UFujgD9E3V0H00
Portsmouth became the first Premier League team forced to seek bankruptcy protection from its creditors on Friday, enabling the insolvent business to restructure financially.
The bottom club in the world's richest league was placed into administration by the High Court less than two years after winning the FA Cup because Balram Chainrai — its fourth owner this season — was unable to clear debts of around $105 million.
Although Portsmouth will still operate, relegation to the second-tier is a near certainty, with the nine-point penalty that administration brings leaving manager Avram Grant's team 17 points from safety.

巨額な負債を抱えていたポーツマスは、税務当局への支払いで猶予を与えられていましたが、新たな資金とオーナーの確保に失敗しました。負債は約1億ポンド(約135億円)。ペナルティとして9ポイントの減点となりますが、ポーツマスは、すでに残留圏から17ポイントも離されていますので、来季の降格はほぼ確定です。

プレミア・リーグ初の破産ということですが、負債が帳消しになれば、また新たなオーナーが現れると思いますのでチームが消滅することは無いでしょう。

[参考]
プレミアの突然変異――アブラモビッチの革命。
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/football/2004/01/post-8850.html
《フットボール・チームの経営は厳しい。プレミア・リーグの半分以上のチームは赤字を計上しているし、下位リーグでは、毎年、いくつかのチームが経営難に直面する。しかし、1990年代初頭に2チームが消滅して以降は、チームが無くなったことはない。なぜなら、どこからともなく資金の提供を申し出る人物が現れ、チーム消滅の危機は回避されるからだ。》


|