書評2009年

2009.12.31

▽当ブログで売れた本――2009年

当ブログで、2009年に売れた本十傑を紹介します。

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.22

▽ヒット企業のデザインとイノベーションの戦略を紹介する

『ヒット企業のデザイン戦略 イノベーションを生み続ける組織』(英治出版)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽シビックプライド――ヨーロッパにおけるケーススタディ

読売広告社都市生活研究局『シビックプライド―都市のコミュニケーションをデザインする』(宣伝会議)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.17

▽やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する! には?

渡邉正裕『やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する! 』(光文社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.12

▽「地球の歩き方」の歩き方

山口さやか、山口誠『「地球の歩き方」の歩き方』(新潮社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.01

▽なぜ負けたのか?――『日本「半導体」敗戦』

湯之上隆『日本「半導体」敗戦』(光文社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.21

▽インテル・インサイドとアップル・アウトサイド――技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか

妹尾堅一郎『技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか―画期的な新製品が惨敗する理由』(ダイヤモンド社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.20

▽リクルート報道の再検証

田原総一朗『正義の罠 リクルート事件と自民党 二十年目の真実』(小学館)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.15

▽リクルート事件――いまなお残る疑問

江副浩正『リクルート事件・江副浩正の真実』(中央公論新社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.05

▽「週末起業」への心構えの書

藤井孝一『週末起業サバイバル』(ちくま新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.02

▽小沢一郎・野中広務・菅直人・森喜郎の証言録

『90年代の証言 小沢一郎 政権奪取論』(朝日新聞社)


書評を読む

|

2009.10.27

▽日本国の正体とは?

長谷川幸洋『日本国の正体』(講談社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.22

▽オバマ・ショックとは何か?

越智道雄・町山智浩『オバマ・ショック』(集英社新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.19

▽養老孟司と内田樹

『考える人』 (新潮社)2009年秋号・特集「活字から、ウェブへの……。」

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.18

▽ほぼ日刊イトイ新聞ができるまで

糸井重里『ほぼ日刊イトイ新聞の本』 (講談社文庫)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.17

▽うつ病じゃないけど、うつな人のための本

日垣隆『折れそうな心の鍛え方』(幻冬舎新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.16

▽エコノミストは一貫性が大事

東谷暁『エコノミストを格付けする』(文春新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.20

▽ベーブルースとともに来日した大リーガーは、アメリカのスパイだったのか?

NHK取材班『日本を愛したスパイ』(日本放送出版協会)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.03

▽民主党の人間関係をおさらいする

大下英治『民主党政権』(KKベストセラーズ)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.31

▽街歩きの効用とは?

堤清二x三浦展『無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉』(中公新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.20

▽2011年に新聞・テレビ消滅の根拠は……

佐々木俊尚『2011年 新聞・テレビ消滅』(文春新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.26

▽志らくが語る談志と談春

立川志らく『雨ン中の、らくだ』(太田出版)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.10

▽英国人が見たニッポンとアメリカ

コリン・ジョイス『「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート』(生活人新書)

コリン・ジョイス『「アメリカ社会」入門―英国人ニューヨークに住む』(生活人新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.23

▽村上春樹が欧米で高く評価される理由

浅川港『NYブックピープル物語―ベストセラーたちと私の4000日』(エヌティティ出版)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽世襲を生み出す要因とは

上杉隆『世襲議員のからくり』(文春新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

▽日本最大のレシピサイト「クックパッド」の作り方

上阪徹『六〇〇万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス』(角川SSC新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.15

▽名古屋の三大苦労人

▼山本昌『133キロ怪速球』(ベースボールマガジン社新書)


▼つぼイノリオ『つボイ正伝 「金太の大冒険」の大冒険』(扶桑社)


▼宮地佑紀生『宮地佑紀生の天国と地獄―名古屋で30年間しゃべり続けた男が初めて明かす』(クリタ舎)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.09

▽医療事故をめぐるネット言説

鳥集徹『ネットで暴走する医師たち』(WAVE出版)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.08

▽ホンダF1失敗の研究

川喜田研『さらば、ホンダF1 ~最強軍団はなぜ自壊したのか?~』(集英社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.07

▽岡田斗司夫が語るネット社会の欠陥

唐沢俊一x岡田斗司夫『オタク論2!』(創出版)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.30

▽世襲問題を考えるための基本テキスト

神一行『閨閥 特権階級の盛衰の系譜[改訂新版]』(角川文庫)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.28

▽梅田望夫が見た初代永世竜王決定戦

梅田望夫『シリコンバレーから将棋を観る』(中央公論社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

▽アメーバニュース編集者が語るネットのバカたち

中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

▽アマゾンに対するアンビバレントな気持ち

横田増生『アマゾン・ドット・コムの光と影』情報センター出版局)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

▽羽生名人が語る「天才の頭脳」

『先を読む頭脳』(新潮社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.18

▽ペヨトル工房が出版をやめたわけ

今野裕一『ペヨトル興亡史―ボクが出版をやめたわけ』(冬弓舎)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.17

▽フリーペーパーの発展の日本と海外の違い

稲垣 太郎『フリーペーパーの衝撃』(光文社新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽フリーペーパーR25の創刊編集長が語るR25世代

藤井大輔『「R25」のつくりかた』 (日経プレミアシリーズ)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽クーポン・マガジンの誕生秘話

平尾勇司『Hot Pepper ミラクル・ストーリー』(東洋経済新報社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.16

▽司法記者が見た特捜部の崩壊

石塚健司『「特捜」崩壊 墜ちた最強捜査機関』(講談社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽2001年の時点ですでに指摘されていた特捜検察の闇

魚住昭『特捜検察の闇』(文藝春秋)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.07

▽11人のアルファ・ブロガーが語るブログ術

『アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから』(翔泳社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.06

▽誰でもメディアの時代?

小林弘人『新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に』(バジリコ)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

▽現代のクリエイターは過去のコンテンツと競争しなければならない

岡本一郎『グーグルに勝つ広告モデル』(光文社新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.30

▽官僚すべてを敵にした男の告白

高橋洋一『さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白』(講談社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.14

▽産経新聞の抱える闇とは

中川一徳『メディアの支配者 上』(講談社)

中川一徳『メディアの支配者 下』(講談社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.13

▽ホリエモンの右腕だった男の弁明の書

宮内亮治『虚構 堀江と私とライブドア』(講談社)


書評を読む

続きを読む "▽ホリエモンの右腕だった男の弁明の書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.12

▽ホリエモンが語る塀の中の暮らし

堀江貴文『徹底抗戦』(集英社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.11

▽元検事が「朝ズバッ」を追及する

郷原信郎『思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本』(講談社現代新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.10

▽アントニオ猪木のリアルと非リアル

柳澤健『完本 1976年のアントニオ猪木』(文春文庫)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.28

▽新自由主義国の中の社会主義

ロジャー・ローウェンスタイン『なぜGMは転落したのか―アメリカ年金制度の罠』(鬼澤忍訳、日本経済新聞出版社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.26

▽不良債権処理にまつわるエトセトラ

高橋洋一x長谷川幸洋『百年に一度の危機から日本経済を救う会議』(PHP研究所)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.13

▽人間味のあるスパイハンターの回顧録

泉修三『スパイと公安警察-ある公安警部の30年』(バジリコ)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.29

▽盗まれたムンクを捜して

エドワード・ドルニック『ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日』(河野純治訳、光文社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.28

▽アメリカ人はいかにして嘘つきになりしか?

デービッド・カラハン『「うそつき病」がはびこるアメリカ』(小林由香利訳、NHK出版)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽もう一人の大統領が語るもう一つの「不都合な真実」

アル・ゴア『理性の奪還 もうひとつの「不都合な真実」』 (竹林卓訳、ランダムハウス講談社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽映画やドラマで見る最近のアメリカ

町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文藝春秋)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.27

▽ジャーナリストが感じた三島由紀夫と自衛隊

杉山隆男『「兵士」になれなかった三島由紀夫』(小学館)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.26

▽フランス人ジャーナリストが見た猪瀬直樹と小泉改革

ニルス・プラネル『僕が猪瀬事務所で見たニッポン大転換』(草思社、橘明美訳)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.22

▽漱石の孫が見た世界のマンガ事情

夏目 房之介『マンガ 世界 戦略 カモネギ化するかマンガ産業』(小学館)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.20

▽タイのウルトラマンの憂鬱

安藤健二『封印作品の憂鬱』(洋泉社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.18

▽元外交官による人間観察の集大成

佐藤優『交渉術』(文藝春秋)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.17

▽談春が見た志らく

立川 談春『赤めだか』(扶桑社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.16

▽押井守が語る兵器と戦争

押井守、岡部いさく『戦争のリアル Disputationes PAX JAPONICA』(エンターブレイン)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.15

▽井上夢人が語る岡嶋二人

井上夢人『おかしな二人―岡嶋二人盛衰記』(講談社文庫)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽キングによる自伝

スティーブン・キング『小説作法』(池央耿訳、アーティストハウス)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.12

▽カナダで悠々自適に暮らす一匹オオカミの起業ストーリー

滝沢修『セミリタイア成功術~海外で半分遊んで半分働く豊かな暮らし』(結書房)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.10

▽ダイエー中内の強さの源泉

佐野眞一『カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」〈上〉』 (新潮文庫)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.09

▽エヴァンゲリオンが誕生した瞬間

武田康広『のーてんき通信―エヴァンゲリオンを創った男たち』 (ワニブックス)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.08

▽映画監督になる方法とは

『庵野秀明 スキゾ・エヴァンゲリオン』、『庵野秀明 パラノ・エヴァンゲリオン』(太田出版)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.07

▽東野圭吾のたぶん最初の決断

東野圭吾『たぶん最後のご挨拶』(文藝春秋)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽ジョブズが語る自分の居場所

『スティーブ・ジョブズ-偶像復活』(東洋経済新報社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

▽天才棋士が見た何もないところ

大崎善生『聖の青春』(講談社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.03

▽『仁義なき戦い』をつくった男たち

山根貞男x米原尚志『『仁義なき戦い』をつくった男たち―深作欣二と笠原和夫』(日本放送出版協会)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽『仁義なき戦い』ができるまで

笠原和夫『昭和の劇―映画脚本家』(太田出版)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.02

▽マイクロソフトの強さの秘密

フレッド・ムーディー『わたしは電子の歌をうたう―マイクロソフトがマルチメディアに挑んだ1年』(広瀬順弘訳、早川書房)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

▽落合が語るコーチング術

落合博満『コーチング 言葉と信念の魔術』(ダイヤモンド社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)