« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.26

ポーツマス破産申請――プレミア・リーグ史上初

ポーツマスが26日、破産申請をしました。プレミア・リーグ史上初めてのこと。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.19

▽ネット上で情報を集める極意とは?――『ブログがジャーナリズムを変える』

湯川鶴章『ブログがジャーナリズムを変える』(NTT出版)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBCのiPhoneアプリに対し英新聞界が「待った」

17日にBBCは、ウェブサービスBBCオンライン(BBC Online)のコンテンツを、iPhoneで閲覧できるようにするアプリケーションを発表しましたが、イギリスの新聞界は、「民業圧迫である」とこれを非難する声明を発表しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.18

米NBC、バンクーバー五輪放送の出し惜しみに批判

熱戦を繰り広げているバンクーバー冬季五輪ですが、米NBCが、放送権を獲得しているスポーツについて、生中継をしないで、CMが獲得できるプライム・タイムにのみ録画中継を行っていることに対して批判が集まっているようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.17

ニューヨーク・タイムズで記事の盗作が発覚

米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙は、14日、同紙のビジネス部門の記者が、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙やロイターなどの記事を、無断で盗用していたことを明らかにした。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

英デイリー・テレグラフ紙が70万部を切る

イギリスの保守系高級紙「デイリー・テレグラフ」の2009年12月の実売が、70万部を切ったそうです。同紙は、数年前までは100万部を維持していたので、相当な落ち込みのようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.10

ガーディアンがマンチェスターなどの地方紙を売却

英ガーディアン紙を発行するガーディアン・メディア・グループ(Guardian Media Group)は、その発祥の地でもあるマンチェスターなどの地方紙部門を、トリニティ・ミラー(trinity Mirror)に売却すると発表した。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.09

クマーが五輪公式マスコットと勘違いされる

ポーランドの新聞ガゼッタ・オルスティンスカ(Gazeta Olsztynska)が、Pedobear(日本では「クマー」として知られている)を、バンクーバー冬季五輪の公式キャラクターの一つ勘違いして、掲載してしまう、という事件が起きました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.08

大英図書館が19世紀書籍のスキャン・データを無料公開へ

大英図書館(British Library)は、今春より、19世紀の小説などをスキャンしたデジタル・データをオンラインで無料公開すると発表した。アマゾンのKindleで閲覧が可能で、チャールズ・ディケンズやジェーン・オースティンなど、6万5000冊の19世紀の作品を、無料でダウンロードして読むことができる。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBCのプロデューサー、誤報で7万ポンドの賠償金

BBCのプロデューサーが、イギリスの通信社PA(Press Association)の誤報によって名誉が毀損されたとして、7万ポンド(972万円)の賠償金を受け取ることで和解した。「児童ポルノをダウンロードしたことで罪を認めた」と、PAが報道したが、罪を認めたのは、同姓同名の別のBBCのプロデューサーだったことが、誤報の原因。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの2紙のオンライン版が有料化へ

ドイツのアクセル・シュプリンガー(Axel Springer)社は、傘下の二紙のオンライン版を有料化することを発表した。ヨーロッパでのオンライン版の有料化は、今月中に有料化を開始するフランスの「ル・フィガロ」、今春予定のイギリスの「タイムス・オンライン」に続くもの。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.07

米司法省、Googleブック検索の和解修正案に懸念を表明

米司法省は、4日、Googleブック検索(Google Book Search)の和解修正案について、依然として、著作権法と反トラスト法に関し、懸念が残ったままだという声明を発表した。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英ボーダフォン、Twitterで暴言を吐いた社員を停職処分に

英ボーダフォンは、5日、同社のTwitter公式アカウントで、暴言を吐いた社員を停職処分にしたことを明らかにした。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エマ・ワトソンがハリウッドでもっとも稼ぐ女優に

映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役のエマ・ワトソンが、ハリウッドで出演料を稼いだ女優のトップにたったことがわかりました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.06

テリーが代表キャプテンの座を失う

知らない間に、大騒ぎになっていましたが、イングランド代表チームのキャプテンだったジョン・テリーが、不倫疑惑によって、キャンプテンの座を剥奪されてしまいました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英EMIが経営危機

イギリスのレコード会社大手のEMIが経営危機に陥っていると英FT紙が報じています。現在のEMIは、ガイ・ハンズ(Guy Hands)氏が率いる投資ファンドのテラ・ファーマ(Terra Firma)の傘下にありますが、1億2000万ポンド(170億円)の資金が調達できなければ、債権者のシティ・グループに資産を差し押さえられてしまうことになるそうです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいフリーペーパー『ロンドン・ウィークリー』の運命やいかに?

新しいフリー・ペーパーとして、2月5日に、『ロンドン・ウィークリー』(London Weekly)が創刊されました。ロンドンの地下鉄などで25万部配布される予定ですが、さまざまなジャーナリストから「本当に発行されるのか?」という疑問が投げかけられていました。さて……。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレミア・リーグ放映権が10億ポンドに

英大衆紙『ザ・サン』の報道によると、プレミア・リーグのTV放映権が10億ポンド(1400億円)で、契約される見通しであることがわかりました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅経費の不正流用問題で英国会議員など4人が起訴

2009年5月に、英デイリー・テレグラフ紙のスクープによって発覚した、イギリスの国会議員による住宅経費の不正流用問題で、3人の議員を含む4人が起訴されました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.05

多いか少ないか?――米Youtubeの映画レンタル10日間の売上は1万ドル

米Youtubeが、1月20日より開始した映画のレンタルサービスですが、初めの10日間の売上は、1万0709ドル16セント(89万円)だったことがわかりました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽iPodは何を変えたのか? を振り返る

スティーブン・レヴィ『iPodは何を変えたのか?』(上浦倫人訳、ソフトバンク クリエイティブ)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVのプロダクト・プレイスメント広告でジャンク・フードなどが制限へ

イギリスでは、5年以内に、TV番組における広告手法の一つであるプロダクト・プレイスメント(Product Placement)が解禁される方向で検討が進められていますが、子どもへの影響を考慮して、ジャンク・フード、アルコール、ギャンブルなどについては、解禁されないことになりました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英タブロイド紙による盗聴事件で内部調査を公開命令

イギリスの大衆紙の日曜版『ニュース・オブ・ザ・ワールド』による携帯電話のメッセージ盗聴事件に関して、英高等法院は、同紙に対して内部調査の詳細を公開するように命じた。盗聴事件の被害者の一人であるマックス・クリフォード氏の求めに応じたもの。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.04

英エコノミスト誌が日本の新聞についてレポート

イギリスの経済週刊誌『エコノミスト』が、日本の新聞業界の将来について、『ぐらつく巨人』("The teetering giants")と題するレポートを掲載しています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英夕刊紙、無料化で読者数が倍に

イギリスの夕刊紙『イヴニング・スタンダード』の読者数が、2009年10月に実施された無料化後に、2倍以上に増えたとのこと。読者数は、137万人となり、有料化以前の4-9月の55万6000人から大幅に増加。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.03

米WSJの広告と売上が回復

ニューズ・コーポレーションは、2009年第2四半期(10-12月期)決算を発表した。その中で、ルパート・マードック米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のオンライン広告が前年同期比17%増、WSJ紙の売上が同5%増となったことを明らかにした。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ユーロ2008』の特設スタジオ設置でBBCが批判される

BBCが2008年にスイスとオーストリアで開催されたサッカーの欧州選手権 『ユーロ2008』において、主催者側が用意したスタジオを使用しないで、25万ポンド(3600万円)をかけてウィーン市内に特設スタジオを設置したことに対して、市民団体から「無駄遣いだ」との批判がなされています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.02

スカイ・スポーツがサッカー中継にも3D

1月31日に、アーセナルのホームであるエミレーツ・スタジアムで、アーセナル対マンチェスター・ユナイテッドの試合がありました。なんと、この試合は、スカイ・スポーツによって3D中継されたそうです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.01

赤字のBBC Worldがテコ入れ

赤字に苦しんでいるBBCの国際ニュース・チャンネルがテコ入れをするそうです。ジョージ・アラガイ(George Alagiah)やゼイナブ・バダウィ(Zeinab Badawi)などのキャスターを主要なニュースに起用するほか、ロンドンよりも英国外での取材を増やすとのこと。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタが欧州でもリコール――8車種で最大180万台

トヨタ自動車は、米国などに続き欧州でも小型車「カローラ」など8車種で、最大180万台をリコールすると発表した。問題になった米CTS社製のアクセルペダルが、同社の欧州工場を通じてトヨタに供給されていたという。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »