2010.03.25

日立の鉄道事業はイギリス総選挙の結果次第?

日立は、2009年に、イギリスでの高速鉄道を新型車両へと交換する事業に関して、優先交渉権を獲得しています。これは。2013年から2018年にかけて、約1400両を新型に交換するというプログラムで、30年間の保守も含めて1兆円を超える規模の受注となると見られていました。

しかし、2月26日付の英ガーディアン紙の記事では、この計画が見直しの対象となることが伝えられています。

続きを読む


|

ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日立の鉄道事業はイギリス総選挙の結果次第?:

« 1位はマラドーナ――英タイムズ紙が選ぶW杯ベスト10プレイヤー | トップページ | ▽マックかマクドか?――『新聞社も知りたい日本語の謎』 »