2010.05.12

口蹄疫により600万頭の家畜を殺処分――2001年のイギリスのケース

現在、日本では、家畜の疫病である口蹄疫( foot and mouse disease ) の被害拡大が懸念されていますが、畜産の母国であるイギリスでも、過去に何度か被害に遭っています。中でも、史上最悪のケースと言われた2001年の口蹄疫の被害がどのようなものかを見ていきたいと思います。

続きを読む


|

ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫により600万頭の家畜を殺処分――2001年のイギリスのケース:

« ▽二大政党制批判論 | トップページ | 保守党と自由民主党の連立が成立 »