2010.11.13

2010年11月13日のニュース・クリップ

▼アイルランド財政危機、欧州5か国が緊急声明
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101112-OYT1T01178.htm
《「どんな議論があろうとも、現在の投資家に新たな負担を押しつけるものではない」と言及し、民間の国債保有者を巻き込まない姿勢を強調した。》

▼ドイツとスウェーデンが徴兵制廃止 背景に財政難
http://www.asahi.com/international/update/1112/TKY201011120002.html
《ドイツが長年維持してきた徴兵制を廃止する見通しとなった。スウェーデンはこれに先立ち、7月に廃止した。冷戦後、欧州の多くの国々が志願兵制へと変更してきた中、なお徴兵制を維持してきた両国が撤廃に動いた最大の理由は、財政難だった。》

▼ドイツの州立銀行、ウェストLB 支払い請求でノムラに敗訴
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/101113/mcb1011130504024-n1.htm
《金融危機の際に救済を受けたドイツの州立銀行、ウェストLBが、野村ホールディングス傘下のノムラ・インターナショナルを相手取り、投資ファンドの証券の評価をめぐって2230万ドル(約18億4000万円)の支払いを求めた訴訟で、英裁判所はウェストLBの請求を棄却した。》

▼フランスも韓国に文化財返還へ 朝鮮王朝の王室図書
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111201000954.html
《王室図書はフランスが韓国に「貸与」する形で引き渡され、フランス国内法の手続きに従って5年ごとに貸与期間を更新する。李大統領は会談で「実質的な返還だ」として評価した。
 フランスにある図書は、朝鮮王朝時代に王室関連の文書・図書を保管した図書館「外奎章閣」が所蔵していたもの。1866年のフランス艦隊によるソウル近郊の江華島攻撃の際に所蔵図書の一部が流出した。》

▼コーヒーも薬物?世界の「ドラッグ事情」学べる展覧会、ロンドンで開幕
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2775061/6437198?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics
《医療目的や刺激・喜びを得るため世界各地で使用されている、精神に作用する薬物――。これらの薬物について、道徳的な判断をすることなく解説する展覧会「ハイ・ソサエティー(High Society)」が、ロンドン(London)で11日開幕した。》


|

クリップ2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年11月13日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 12 November 2010 | トップページ | News Headlines - 13 November 2010 »