書評2010年

2010.12.26

▽ハダカデバネズミ

吉田重人、岡ノ谷一夫『ハダカデバネズミ―女王・兵隊・ふとん係』(岩波科学ライブラリー 生きもの)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』が教えてくれたこと

辻野晃一郎『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』(新潮社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.25

▽『加害者家族』

鈴木伸元『加害者家族』(幻冬舎新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.20

▽当ブログで売れた本――2010年下半期

2010年も、残すところ、あと十日ほど。ちょっと早いのですが、2010年8月からいままでに売れた本十傑を紹介します。

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.18

▽『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』

横田増生『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』(朝日文庫)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.17

▽墜ちたヤメ検たち

森功『ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶとき』(新潮文庫)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.16

▽『Gigazine 未来への暴言』

山崎恵人『Gigazine 未来への暴言』(朝日新聞出版)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.14

▽神様・手塚治虫の伴走者たち

佐藤敏章『神様の伴走者 手塚番13+2』(小学館)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.12

▽『トンデモない生き物たち』

白石拓『トンデモない生き物たち―南極の魚はなぜ凍らないのか!?』(宝島社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.11

▽アメリカの未公開映画を読む

町山智浩x松嶋尚美『松嶋x松山 未公開映画を見る本』(集英社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.10

▽『イギリス近代史講義』

川北稔『イギリス近代史講義』(講談社現代新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.08

▽歌舞伎スキャンダル

赤坂治績『江戸の歌舞伎スキャンダル』(朝日新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.06

▽もしもホリエモンがフジテレビを買収していたら

中川淳一郎『ウェブで儲ける人と損する人の法則』(ベスト新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.05

▽『悪名の棺 笹川良一伝』

工藤美代子『悪名の棺 笹川良一伝』(幻冬舎)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.24

▽『宣戦布告』

麻生幾『加筆完全版 宣戦布告 上』(講談社文庫)

麻生幾『加筆完全版 宣戦布告 下』(講談社文庫)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.22

▽石平はなぜ「中国」を捨てたのか

石平『なぜ「中国」を捨てたのか』(WAC BUNKO)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.20

▽昭和45年11月25日

中川右介『昭和45年11月25日―三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃』(幻冬舎新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.19

▽落合博満伝説

▼落合福嗣『フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!』(集英社)

▼テリー伊藤『なぜ日本人は落合博満が嫌いか?』(角川oneテーマ21)

▼今中慎二『中日ドラゴンズ論』(ベスト新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.31

▽『9・11の標的をつくった男』

飯塚真紀子『9・11の標的をつくった男  天才と差別―建築家ミノル・ヤマサキの生涯』(講談社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.30

▽『リーマン・ショック・コンフィデンシャル』

アンドリュー・ロス・ソーキン 『リーマン・ショック・コンフィデンシャル(上) 追いつめられた金融エリートたち』(早川書房、加賀山卓朗訳)

アンドリュー・ロス・ソーキン 『リーマン・ショック・コンフィデンシャル(下) 倒れゆくウォール街の巨人』(早川書房、加賀山卓朗訳)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.25

▽古代出雲の謎を解く

梅原猛『葬られた王朝―古代出雲の謎を解く』(新潮社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.24

▽電子書籍の時代は本当に来るのか?

歌田明弘『電子書籍の時代は本当に来るのか』(ちくま新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.23

▽買わされる「名付け」 10の法則

則定隆男『買わされる「名付け」 10の法則』(日経プレミアシリーズ)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.22

▽本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み

佐々木俊尚『本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み』(日本経済新聞出版社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.17

▽『冤罪法廷』

魚住昭『冤罪法廷 特捜検察の落日』(講談社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.04

▽日本経済の正体(3)――『財政危機と社会保障』

鈴木亘『財政危機と社会保障』(講談社現代新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.03

▽日本経済の正体(2)――『2020年、日本が破綻する日』

小黒一正『2020年、日本が破綻する日』(日経プレミアシリーズ)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.02

▽日本経済の正体(1)――『デフレの正体』

藻谷浩介『デフレの正体――経済は「人口の波」で動く』(角川oneテーマ21)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.16

▽『ガサコ伝説』

長田美穂『ガサコ伝説―「百恵の時代」の仕掛人』(新潮社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.03

▽ベストセラー小説の書き方

ディーン・R・クーンツ『ベストセラー小説の書き方』(朝日文庫)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.01

▽『小沢革命政権で日本を救え』

副島隆彦x佐藤優『小沢革命政権で日本を救え』(日本文芸社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.23

▽『傷だらけの店長』と『リストラなう! 』

伊達雅彦『傷だらけの店長』(PARCO出版)

綿貫智人『リストラなう! 』(新潮社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽プロジェクトXの功罪

今井彰『ガラスの巨塔』(幻冬舎)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.19

▽小沢一郎の視点

『90年代の証言 小沢一郎 政権奪取論』(朝日新聞社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.16

▽『ロングセラー商品の舞台裏』

『ロングセラー商品の舞台裏―ヒットを続けるのには理由がある』(成美堂出版)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.15

▽人生のトリセツふたたび

岡田斗司夫『人生テスト―人を動かす4つの力』(ダイヤモンド社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.13

▽クライマーズ・ハイ

横山秀夫『クライマーズ・ハイ』(文春文庫)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽隠れた名著『すぐれた意思決定』

印南一路『すぐれた意思決定―判断と選択の心理学』(中央公論社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.12

▽佐藤優のお薦め『大統領のカウントダウン』

『大統領のカウントダウン』


佐藤優x田原総一朗『第三次世界大戦新・帝国主義でこうなる!』(アスコム)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽『人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ』

吉田正樹『人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書』(キネマ旬報社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.11

▽裏金はだれのために

原田宏二『警察内部告発者・ホイッスルブロワー』(講談社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.07

▽『普天間の謎』、『「普天間」交渉秘録』

森本敏『普天間の謎―基地返還問題迷走15年の総て』(海竜社)

守屋武昌『「普天間」交渉秘録』(新潮社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.06

▽鉄の沈黙はだれのために

永田浩三『NHK、鉄の沈黙はだれのために―番組改変事件10年目の告白』(柏書房)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.05

▽鈴木亘『年金は本当にもらえるか?』、『社会保障の不都合な真実』

鈴木亘『年金は本当にもらえるか?』(ちくま新書)


鈴木亘『社会保障の不都合な真実』(日本経済新聞出版社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽あなたもジョブズになれる?

カーマイン・ガロ『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』(解説:外村仁、翻訳:井口耕二、日経BP社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.03

▽当ブログで売れた本――2010年上半期

当ブログの書評エントリーも累計で115を超えました。2010年初からいままでに売れた本十傑を紹介します。

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽『もしも義経にケータイがあったなら』

鈴木輝一郎『もしも義経にケータイがあったなら』(新潮新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.02

▽レスリー・チャンの生涯が語るもの

松岡環『レスリー・チャンの香港』(平凡社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.24

▽『小説家という職業』

森博嗣『小説家という職業』(集英社新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.18

▽競争の作法とは?

齋藤誠『競争の作法――いかに働き、投資するか』(ちくま新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.01

▽『腐った翼』

森功『腐った翼』(幻冬舎)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.30

▽『拝金』

堀江貴文『拝金』(徳間書店)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.17

▽新しい経済学の入門書にふさわしい

大竹文雄『競争と公平感 市場経済の本当のメリット』(中公新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.16

▽官邸敗北

長谷川幸洋『官邸敗北』(講談社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.15

▽警察庁長官狙撃事件の真犯人は?

鹿島圭介『警察庁長官を撃った男』(新潮社)

竹内明『時効捜査 警察庁長官狙撃事件の深層』(講談社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.09

▽二大政党制批判論

吉田徹『二大政党制批判論 もうひとつのデモクラシーへ』(光文社新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.06

▽村上春樹の小説とせどりのシンクロニシティ

吉本康永『大金持ちも驚いた105円という大金』(三五館)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.02

▽あやしい健康情報とニセ科学

松永和紀『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』(光文社新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.01

▽堕ちた翼の真実

大鹿靖明『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』(朝日新聞出版)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.24

▽東アジアが読む村上春樹

『東アジアが読む村上春樹』(藤井省三編、若草書房)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.20

▽ヤフー・トピックスの作り方

奥村倫弘『ヤフー・トピックスの作り方』(光文社新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.18

▽大島渚と日本のホモソーシャリティ

四方田犬彦『大島渚と日本』(筑摩書房)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.06

▽『スペースシャトルの落日』

松浦晋也『スペースシャトルの落日』(エクスナレッジ)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.03

▽スーパーマンの日常を追体験する

佐々木俊尚『ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術』(宝島社新書)

佐々木俊尚『仕事するのにオフィスはいらない-ノマドワーキングのすすめ』(光文社新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.29

▽『ウェブを炎上させるイタい人たち』

中川淳一郎 『ウェブを炎上させるイタい人たち』(宝島社新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.28

▽『スキャンダルを追え! 『噂の真相』トップ屋稼業』

西岡研介『スキャンダルを追え!『噂の真相』トップ屋稼業』(講談社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.25

▽『iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏』

西田 宗千佳『iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏』(エンターブレイン)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽マックかマクドか?――『新聞社も知りたい日本語の謎』

読売新聞新日本語取材班 『新聞社も知りたい日本語の謎』(橋本五郎監修、ベスト新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.22

▽『ぼくはオンライン古本屋のおやじさん』

北尾トロ『ぼくはオンライン古本屋のおやじさん』(風塵社)

北尾トロ『ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2』(風塵社)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽『俺たち訴えられました!---SLAPP裁判との闘い』

烏賀陽弘道x西岡研介『俺たち訴えられました!---SLAPP裁判との闘い』(河出書房新社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.16

▽ネットの炎上力はどこからくるのか?

蜷川真夫『ネットの炎上力』(文春新書)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.19

▽ネット上で情報を集める極意とは?――『ブログがジャーナリズムを変える』

湯川鶴章『ブログがジャーナリズムを変える』(NTT出版)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.05

▽iPodは何を変えたのか? を振り返る

スティーブン・レヴィ『iPodは何を変えたのか?』(上浦倫人訳、ソフトバンク クリエイティブ)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.18

▽『インターネットで古本屋さんやろうよ!』の行方

芳賀健治『インターネットで古本屋さんやろうよ!』(大和書房)

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.06

▽エコノミストのつぶやき――『日本はなぜ貧しい人が多いのか』

原田泰『日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学』(日本経済新聞出版社)


書評を読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.01.04

▽日本産業社会の「神話」を反証していく

小池和男『日本産業社会の「神話」――経済自虐史観をただす』(日本経済新聞出版社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.01

▽カルロス・ゴーンと鈴木修の直感のすごさ

日本経済新聞社編『大収縮 検証・グローバル危機』(日本経済新聞社)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽なぜ自民党は大敗したのか?――曲解された世論を読み解く

菅原琢『世論の曲解―なぜ自民党は大敗したのか』(光文社新書)


書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)