2011.02.11

2011年02月11日のニュース・クリップ

▼英首相、ホンダ工場従業員を激励 製造業復活誓う
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011021101000079.html
《キャメロン政権は、金融危機で経済が大打撃を受けた反省を踏まえ、金融業に偏重した産業構造の改革を目指している。……首相は「中国やインドの経済が成長して所得水準が拡大すれば、英国製品の輸出も伸びる。歓迎すべきだ」と述べ、大学改革を通じて技術者を育成していく考えを強調。》

▼ピカソが若い愛人を描いた絵画、33億円で落札 英競売
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2784834/6790427
《「ラ・レクチュール」は、ピカソの作品でモデルをつとめた愛人、マリーテレーズ・ワルテル(Marie-Therese Walter)を描いたもので、ピカソ絶頂期の1932年の作品。当初の予想価格は1200万ポンド(約15億9000万円)だったが、倍額以上の値で落札された。》

▼ベッカム“ナイスアシスト”笑顔で現場を後に
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/02/11/kiji/K20110211000221600.html
《イングランドのスーパースター、デビッド・ベッカムが“ナイスアシスト”をした。このほど、車の故障によりロンドン郊外で立ち往生していた家族を助けたもの。子供2人を学校に送る途中だった写真家のポール・ロングさんによれば、故障に気づいたベッカムが「大丈夫かい」と近寄り、車を安全な場所まで押してくれたという。》

▼アーセナル、今夏に日本ツアー計画 ベンゲル監督古巣の名古屋と対戦
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2011021102000075.html
《これまでベンゲル監督はマーケット拡大を目的とした海外遠征を行ってこなかったが、方針転換。……遠征先は今のところ日本が最有力だが、日程や資金面で合意できない場合は、他の選択肢としてインド、米国が候補に挙がっている。》

▼レアル・マドリード 6年連続1位 クラブ長者番付
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2011021102000076.html
《世界的な監査法人「デロイト社」の調査で、2009-10年シーズンの各クラブ総収入のトップ20位が発表》
1位のレアルは4億3860万ユーロ(約494億円)
2位のバルセロナ(スペイン)が3億9810万ユーロ(約449億円)
3位のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が3億4980万ユーロ(約394億円)
FW宮市亮が契約したアーセナル(イングランド)は5位で2億7410万ユーロ(約309億円)
DF長友佑都が加入したインテルミラノ(イタリア)は9位で2億2480万ユーロ(約253億円)
DF内田篤人のシャルケ(ドイツ)は16位で1億3980万ユーロ(約158億円)
FW岡崎慎司加入のシュツットガルト(ドイツ)は19位で1億1480万ユーロ(約129億円)


|

クリップ2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年02月11日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 10 February 2011 | トップページ | ▽参議院とは何か »