2011.03.09

2011年03月09日のニュース・クリップ

▼リビア合法政権の承認訴え 反体制派、欧州議会で演説
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030901000016.html
《リビアのカダフィ政権から武力弾圧を受ける反体制勢力の代表が8日、フランス東部ストラスブールの欧州連合(EU)欧州議会を訪問し、議員らを前に反体制派を一刻も早くリビア唯一の合法政権と認めるよう演説した。》

▼欧州銀行監督機構、ストレステストで厳しいシナリオを設定
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-19877420110308
《欧州銀行監督機構(EBA)は、域内の銀行を対象にしたストレステスト(健全性審査)で、今年のユーロ圏経済が0.5%のマイナス成長となった場合や欧州の株式が15%下落した場合を想定して銀行の危機対応能力を審査する。》

▼独テレコム、スプリントへのTモバイルUSA売却で交渉中
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=a8zHG3648K4w
《ドイツの電話大手ドイツテレコムは、傘下の米TモバイルUSAを米スプリント・ネクステルへ売却する方向で交渉している。売却と引き換えにドイツテレコムは、TモバイルUSAとスプリントの統合後の新企業の過半数株式を取得する。……米国でベライゾン・ワイヤレス、AT&Tに次ぐ3、4位の携帯電話事業者が統合することになる。 》

▼スペインでスマートシティ実証 三菱商事など参画
http://www.nikkei.com/
《三菱商事、三菱重工業、日立製作所は8日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がスペイン・マラガ市で取り組む環境配慮型都市「スマートシティ」の実証事業に参画すると発表した。NEDOから事前調査と実証研究を受託した。電力自由化や再生可能エネルギー導入が進むスペインで、日本の環境技術導入を目指す。》

▼ソニー・ヨーロッパ、テニスなどのライン判定を手がける英Hawk-Eye社を買収
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=275642&lindID=4
《ホークアイは競技場に設置した複数のカメラからボールの軌道を独自プログラムで瞬時に解析する技術を有しており、「判定オペレーションサービス」をスポーツ大会主催者に提供しています。
 また、コンピュータ・グラフィックス(CG)画像を現場で生成し、バーチャル・リプレイとして再現して、放送事業者へもサービスを提供しています。これらサービスは国際テニス協会や国際クリケット協会で公式判定技術として認定されており、各種大会で採用されています。》


|

クリップ2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年03月09日のニュース・クリップ:

« ▽江青のその後 | トップページ | ▽あの名画はどうなった――『消えた名画を探して』 »