2011.06.11

2011年06月11日のニュース・クリップ

▼独議会が民間関与求めるギリシャ追加支援の支持決議を採択、ECBとの溝深まる
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21652420110610
《ドイツ連邦議会は10日、民間投資家の関与などを条件とするギリシャ追加支援を支持する決議案を採択した。欧州中央銀行(ECB)は民間投資家の関与に否定的な見方を示しており、欧州当局者間の溝が深まっている。》

▼O104:欧州大腸菌問題 感染源「もやしの可能性高い」 独、キュウリなど警告解除
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110611ddm007030108000c.html
《感染者が食事した飲食店などを追跡調査した結果、もやしを食べた後に感染したケースが他より9倍も多いことが判明し、統計学的な見地から「可能性はもやしに絞られた」(ブルガー所長)とほぼ断定した。菌の検出はまだ確認されていないため確定の前段階だが、保健当局は今後、もやしを感染源と裏付ける証拠の特定を急ぐ。》

▼クロアチアのEU加盟提案 13年に28カ国に
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011061001001161.html
《欧州連合(EU)の欧州委員会は10日、クロアチアとのEU加盟交渉が終了したと発表、同国の加盟をEU27カ国に提案し、承認を求めた。
 EU首脳会議は年内に承認するとみられている。》

▼ブルガリア・ルーマニアの参加先送り EU、自由出入国の協定
http://www.nikkei.com/
《欧州連合(EU)加盟27カ国は9日の司法・内相理事会で、域内をパスポートなしで自由に出入国できる「シェンゲン協定」へのブルガリアとルーマニア両国の参加を先送りすることを決めた。汚職や組織犯罪への対策を見極める必要があるとして、参加の是非を9月に改めて判断する。》

▼現代自、欧州自工会に来年1月加盟   
http://www.nikkei.com/
《韓国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)が7月1日に発効するのに合わせ、現代自は欧州市場での存在感を高めるため加盟を申請していた。ACEA内部ではFTAで韓国車の輸入が急増することを警戒する声もあり、現代自の加盟を認めるかどうか注目されていた。》


|

クリップ2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年06月11日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 10 June 2011 | トップページ | News Headlines - 11 June 2011 »