2011.07.03

2011年07月03日のニュース・クリップ

▼電力会社・崩れる牙城:発送電分離の先駆、英米では 停電頻発、安価の代償
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110703ddm003020081000c.html
《市場原理を重視するサッチャー政権が電力自由化に着手。90年には国有電力会社を発電会社3社と送電会社1社に分割・民営化した。消費者に配電する小売市場も自由化された。独仏などの企業も相次いで参入。……米国でも90年代以降、電力自由化が各州に拡大し、発送電分離の動きが相次いだ。09年末時点で3000社超の事業者が乱立。20年近くに及ぶ電気料金値下げ競争とコスト削減で設備投資の遅れが指摘される点は英国と共通している。特に送電網の老朽化は深刻だ。》

▼大腸菌被害、フランスでも死者
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011070200351
《O104はドイツ北部を中心に感染が広がり、これまでにスウェーデンや米国を含めて約50人が死亡したが、フランスで死者が確認されたのは初めて。》

▼IMF前専務理事 軟禁解除に二度目の衝撃走る 仏政界 
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110702/erp11070219520005-n1.htm
《社会党は公認候補を決める10月の予備選に向けて6月28日に立候補の受け付けを開始。……被告の出馬を期待する声も一部に出始めているが、米当局は被告のパスポートの返還は認めておらず、7月18日の次回公判の出廷も決まっている。このため受け付け締め切りの7月13日前の帰国は不可能だ。》

▼リンゼイさん遺族、裁判参加のため来日へ
http://news24.jp/articles/2011/07/03/10185665.html
《リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害した罪などに問われている市橋達也被告の裁判員裁判に参加するため、リンゼイさんの遺族が2日、日本へ向けてイギリス・ロンドンを出発した。裁判は4日から千葉地裁で開かれる。》

▼ジャルジャルがお笑い日本代表としてロンドンへ! 単独ライブも開催!
http://yoshimotonews.laff.jp/news/2011/06/post-ee39.html
《昨年、イギリス・ロンドンで無料の単独ライブを敢行したジャルジャルが、再びロンドンへ旅立つこととなりました!……昨年の功績が評価され、日本コンテンツと食の祭典『HYPER JAPAN 2011』(2011年7月22日〜24日)へ正式招待されたジャルジャル。日本文化のひとつである“お笑い”の日本代表として、なんとオープニングアクトを飾ることになったのです!》


|

クリップ2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年07月03日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 02 July 2011 | トップページ | ▽『知事抹殺』――福島が焦点だったと改めて思い起こさせる »