2011.07.07

2011年07月07日のニュース・クリップ

▼ポルトガル国債:格下げ、投資不適格に…ムーディーズ
http://mainichi.jp/select/today/news/20110706k0000e020048000c.html
《米格付け会社大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは5日、ポルトガル国債の長期格付けを「Baa1」から、投資不適格とされる「Ba2」に4段階引き下げたと発表した。過剰債務問題を抱える欧州各国のうち、投資不適格への格下げはギリシャに続き2カ国目。》

▼ユーロほぼ全面安、ポルトガル追加救済懸念-格下げで
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=a.gjFbkH9lMs
《6日の外国為替市場で、ユーロは主要16通貨中14通貨に対して下落。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがポルトガル国債の格付けをジャンク級(投機的格付け)に引き下げたことを受け、ポルトガルも第2次救済を必要とするとの懸念が広がった。》

▼ドイツ連立与党が2013年からの減税実施で合意
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-22019220110704
《ドイツの自由民主党(FDP)のリントナー副党首は3日、メルケル政権連立与党が2013年から減税を実施することで合意したと明らかにした。》

▼韓国初!18年冬季五輪は平昌
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20110707-OHT1T00059.htm
《国際オリンピック委員会(IOC)は6日、ダーバンで総会を開き、2018年冬季五輪の開催都市に韓国・平昌(ピョンチャン)を選んだ。
 史上初の夏冬開催を目指したミュンヘン(ドイツ)とアヌシー(フランス)を破り、3大会連続の挑戦で悲願達成。》

▼『借りぐらしのアリエッティ』スタジオジブリ初のアメリカ版とイギリス版の吹き替えを制作!
http://www.cinematoday.jp/page/N0033607
《本作がイギリスの児童文学作家メアリー・ノートンによるファンタジー小説「床下の小人たち」を原作としていたことから、イギリスの配給会社がイギリス英語での吹き替えを希望し、これが実現したという。イギリス版のアリエッティ役には、映画『つぐない』『ラブリーボーン』で注目の17歳、シアーシャ・ローナンが起用された。》


|

クリップ2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年07月07日のニュース・クリップ:

« ▽大新聞と停電と共産主義と | トップページ | ▽『働かないって、ワクワクしない?』――職場が嫌いな二十五の理由 »