2011.09.13

2011年09月13日のニュース・クリップ

▼欧州株、下げ止まらず=ギリシャ国債利回り24%台
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011091300847
《ギリシャのデフォルト(債務不履行)観測を背景に主要国の株価が軒並み続落している。ギリシャ国債の利回りも急上昇(価格は急落)、10年物利回りはユーロ導入後初となる24%台(前日23.6%台)を付けた。》

▼イタリア当局者が中国代表団と会談、国債の購入打診
http://jp.wsj.com/World/Europe/node_305806
《イタリア財務省は中国政府にイタリア国債の大規模な購入について説得するため、中国の政府系投資ファンドや他の当局者らと交渉を行っている。……これまでのところ、この交渉が中国政府によるイタリア国債の大規模な購入につながるかどうかは不透明。》

▼格下げ懸念でフランス銀行株が急落
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Stock-Markets/node_305435
《12日のフランス株式市場でフランスの銀行株が急落。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが今週、フランスの銀行の格付けを引き下げるとの観測が広がったことで、ここ1カ月同国の金融セクターに重石となっているユーロ圏危機悪化に対する懸念が一段と高まった。》

▼爆発は金属処理工場の溶融炉 仏核施設
http://www.asahi.com/international/update/0913/TKY201109130245.html
《フランス南部のマルクール核関連施設内で12日に起きた爆発について、来日中のフランス原子力防護評価研究所のジャック・ロシャール所長は「事故があったのは、原子力発電所で使われていた金属管やガラスなどを溶かす小さな工場で、その溶融炉の一つが爆発した」と明らかにした。
 この事故では5人が死傷したが、本国から報告を受けたという同所長は「放射能漏れはなく、建物も壊れていない」と述べた。》

▼ロンドン近郊で「奴隷生活」の24人を保護、容疑者5人逮捕
http://www.cnn.co.jp/world/30003963.html
《英ロンドン近郊のベッドフォードシャーで12日、最長15年間にわたり奴隷状態の生活を強いられていたとみられる男性24人が警察に保護された。容疑者5人が逮捕され、取り調べを受けている。
男性らは英イングランド地方や東欧出身。食事や住まいを与えるとの約束で車上生活者の集まるキャンプ場に誘い込まれ、劣悪な環境で重労働を強制されていた。男性の多くが餓死寸前の状態だった。》


|

クリップ2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年09月13日のニュース・クリップ:

« ▽あきれた「おバカ規制」の数々――『「規制」を変えれば電気も足りる』 | トップページ | News Headlines - 13 September 2011 »