2012.02.21

2012年02月21日のニュース・クリップ

▼スペイン全土で労働改革反対デモ 「若者に未来ない」
http://www.cnn.co.jp/business/30005669.html
《デモ隊は首都マドリードでも通りを埋め尽くし、労働改革によって賃金が下がり、解雇されやすくなると訴えた。スペインの失業率は約23%、若者の失業率は50%近くに達しており、失業者数は約520万人に上る。
労働改革は今月に入って閣議で了承され、先週議会を通過した。政府はこれによって失業者が減り、労働者の権利も向上すると説明している。》

▼ギリシャの「自主退場」願うドイツの危険な戦略
http://www.nikkei.com/
《ドイツのヴォルフガング・ショイブレ財務相が追加支援の条件として、ギリシャは4月の選挙を延期すべきだと提案した時、筆者には、ギリシャ支援を巡る「ゲーム」がもうすぐ終わることが分かった。我々は、支援の成功と民主主義がもはや両立しないところまで来てしまったのだ。》

▼北海ブレント先物が8カ月ぶり高値、終値で120ドル突破
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE81K4FL20120220
《20日の原油先物市場では、北海ブレント先物が1バレル=120ドルを上抜け、約8カ月ぶりの高値をつけた。イランが英国とフランスの石油会社に対する原油の出荷を停止したことなどが材料視された。》

▼ロンドン五輪パーク、会場に入るだけで…10ポンド!
http://www.japanjournals.com/index.php?option=com_content&view=article&id=2471:tickets&catid=37:uk-today&Itemid=96
《東ロンドンのストラットフォードに新たに作られたロンドン五輪パークでは、野外設置の大スクリーンで観戦するための入場も有料とされることが決定したという。……五輪観戦用の巨大スクリーンは、グレーター・ロンドン当局によって、ロンドン市内のあちこちにも設置される予定で、そこでは無料で観戦できるという。》

▼フランス発・“ポスト・イット”を使った仁義なき戦いとは?
http://www.famitsu.com/news/201202/20010213.html
《“ポスト・イット・ウォー”の発端は、あるときユービーアイソフトのスタッフが気まぐれで、オフィスの窓にポスト・イットでビデオゲームのキャラクターを再現したことから始まる。……すると、ユービーアイソフトの向かいにあるBNP(フランスの大手銀行)が、同じくポスト・イット・ウォーによる『パックマン』を作って対抗してきた。このことをきっかけに、ユービーアイソフトとBNPによる“ポスト・イット・ウォー”がスタート。》


|

Headlines2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年02月21日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 20 February 2012 | トップページ | ▽それでもボクはやってない »