2012.02.24

2012年02月24日のニュース・クリップ

▼閉会式のテーマは「英国音楽のシンフォニー」
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120223/oth12022322090017-n1.htm
《ロンドン五輪の大会組織委員会は23日、五輪スタジアムで8月12日に行う閉会式はさまざまな音楽やファッションなどの英国文化を前面に押し出した「英国音楽のシンフォニー(交響曲)」をテーマにすると発表した。
 開会式と同様に、音楽はロンドン交響楽団が担当する。》

▼2月のIFO独業況指数、予想上回り7カ月ぶり高水準に
http://www.asahi.com/business/news/reuters/RTR201202230127.html
《ドイツのIFO経済研究所が発表した2月の独業況指数は7カ月ぶり高水準に達し、ドイツ経済がリセッション(景気後退)を回避できるとの見方が一段と高まった。》

▼イタリア総領事が極右バンドのリーダー?
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120223-OYT1T01016.htm?from=main6
《イタリアのANSA通信などは22日、伊外務省がマリオ・バッターニ駐大阪総領事(45)を本国に召還する処分を決めたと伝えた。
 バッターニ氏は、総領事就任前の昨年5月にローマで開かれた極右の集会で、極右系ロックバンドを率いて歌った疑惑が最近報じられ、同省が調べていた。》

▼阿部&上戸感激、日本のお笑いはローマに通ず
http://www.sanspo.com/geino/news/120224/gnj1202240507019-n1.htm
《俳優、阿部寛(47)と女優、上戸彩(26)が映画「テルマエ・ロマエ」(武内英樹監督、4月28日公開)のワールドプレミアを物語の舞台、ローマ市内で行った。古代ローマと現代日本の風呂文化を描いたコメディーで、主演の阿部扮する古代ローマ人が“本当のローマっ子”にも大ウケ。》

▼「ベニスに死す」が再映画化!イギリスの鬼才ピーター・グリーナウェイが監督
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=cinematoday_N0039673
《映画『建築家の腹』や『コックと泥棒、その妻と愛人』などを手掛けたイギリスの鬼才ピーター・グリーナウェイ監督が、作家トーマス・マンの原作「ベニスに死す」を映画化することがスクリーン・インターナショナルによって明らかになった。》


|

クリップ2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年02月24日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 23 February 2012 | トップページ | ▽「死刑」のロードムービー »