2012.03.19

2012年03月19日のニュース・クリップ

▼芸舞妓が震災支援に感謝 ロンドンでパレード参加
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012031901001127.html
《ロンドン中心部で18日、アイルランドの守護聖人パトリックを記念して行われたパレードに、日本の伝統文化を通じて東日本大震災への支援に感謝の意を示そうと、日本から芸舞妓や尺八の演奏者らが参加し、着物姿で行進した。
 日本人の参加者約20人は「ARIGATO(ありがとう)」との横断幕を先頭に掲げ、ゆっくりと行進。》

▼ドイツ新大統領にガウク氏、旧東独出身者として初
http://www.afpbb.com/article/politics/2866415/8667268?ctm_campaign=txt_topics
《ガウク氏は東独を崩壊に導いた平和的な革命に参加し、1990年に東西ドイツが再統一した後は、旧東独の秘密警察の文書を一般市民が閲覧できるようにするために戦い、その後10年間にわたって秘密文書のアーカイブを監督した。》

▼ドイツ:ナチス押収作品、74年ぶり返還 持ち主の息子、独博物館に勝訴
http://mainichi.jp/select/world/news/20120318ddm007030119000c.html
《ポスターは、ピーターさんの父でベルリン在住の歯科医だったハンスさんが収集していたもので、抽象芸術の先駆者カンディンスキー、反戦画家コルビッツなどの作品を1万点以上所有していた。
 だが1938年、この収集品が「退廃的」としてナチスの目に留まる。ナチス政権の宣伝相ゲッベルスの命令でポスターは押収され、その後ハンスさんも捕らえられた。釈放後は一家で米国に逃れた。》

▼2万8000人の殺害を手助けした元ナチス看守が死去
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120317/erp12031723410002-n1.htm
《第2次大戦中にナチス・ドイツのユダヤ人強制収容所で看守を務め、計約2万8000人の殺害を手助けしたとして有罪判決を受けたジョン・デミャニューク被告(91)が17日、ドイツ南部の高齢者施設で死去した。……デミャニューク被告は大物戦犯の一人とされ、昨年5月にミュンヘンの裁判所で禁錮5年の判決を言い渡された。》

▼ファブリッツィオ・ボッソ、ニーノ・ロータの作品集を発売
http://music.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=927903
《世界的なトランペッター、ファブリッツィオ・ボッソがロンドン交響楽団をバックにニーノ・ロータ作品を演奏したアルバム『ニーノ・ロータに捧ぐ~ゴッド・ファーザー』を、3月14日にリリースした。……イタリア・ミラノで生まれたニーノ・ロータはクラシックと映画音楽で活躍した作曲家で、特に映画音楽では「太陽がいっぱい」「ロミオとジュリエット」「ゴッドー・ファーザー」などの名曲で人気を博し、また映画監督フェデリコ・フェリーニの作品のほとんどの音楽を手掛けた、まさに20世紀イタリアを代表する作曲家の一人だ。》


|

クリップ2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年03月19日のニュース・クリップ:

« 2012年03月18日のニュース・クリップ | トップページ | ▽震災復興 欺瞞の構図 »