2012.04.30

2012年04月30日のニュース・クリップ

▼ロンドン五輪の上空警備で集合住宅屋上にミサイル配備へ=英
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_soc&rel=j7&k=20120429028783a
《英国防省は28日、7月27日に開幕するロンドン五輪の警備対策の一環として、地対空ミサイルを配備する候補地を探していることを明らかにした。市内の集合住宅も候補に加えているという。》

▼パキスタン 拉致された医師が遺体で
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120430/k10014808611000.html
《現地の警察によりますと、男性医師の遺体は首を切断され、袋に入れられてクエッタの空港近くに放置されていたということです。
遺体のポケットには紙切れが入っていて、現地のイスラム過激派組織「パキスタン・タリバン運動」の名前で、「要求していた身代金が支払われなかったため殺害した」と記してあったということです。》

▼フランス大統領選 原発閉鎖をめぐり揺れる町を取材しました。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222271.html
《フランスで最も古い、東部のフェッセンハイム原発。
選挙戦で優勢が伝えられるオランド候補は、老朽化を理由に、閉鎖を公約している。……フェッセンハイム原発作業員のカルドソさんは「(雇用を重視する)オランド氏が『原発閉鎖』を訴えるのは、矛盾しているよ。1,000人の作業員に、直接影響が出るんだから」と話した。》

▼スペイン国王が再度手術、浪費と物議醸したゾウ狩りで負傷
http://www.cnn.co.jp/world/30006422.html
《アフリカ旅行には南部ボツワナでの狩猟も含まれ、スペインが深刻な財政危機に直面し政府が構造改革に腐心している中で認められない浪費との批判が国内で生まれていた。また、地元メディアが狩猟がゾウ狩りだったことを暴き、動物愛護団体も反発していた。旅行で国王の警護に費やした公費の額を問いただす声も出ている。》

▼スイスフラン上限設定は非常手段、水準設定にはリスク伴う=中銀
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE83Q08L20120427
《総裁は「最低為替レートは非常手段であり、大幅に過大評価されている状態で、最悪の結果を回避する狙いでのみ導入される」と発言。「スイス経済が直面する問題をすべて解決できる万能薬ではなく、リスクなしに望ましい水準でたやすく実行できるわけではない」と述べた。》


|

クリップ2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年04月30日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 29 April 2012 | トップページ | 英エコノミスト誌が発行部数などを公表 »