ブログ

2012.06.21

「萌え」とは何か? 定義してみる

「萌え」とは何か? 定義をしてみたいと思います。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.03

NYタイムズの電子版が80万部突破

米新聞雑誌部数公査機構(ABC=Audit Bureau of Circurations)が、1日に発表したデータによると、2011年10月~2012年3月のニューヨーク・タイムズの平均部数は、電子版のおかげで大幅贈となった。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.30

英エコノミスト誌が発行部数などを公表

イギリスの老舗経済誌エコノミストは、米新聞雑誌部数公査機構(ABC=Audit Bureau of Circurations)の協力の下、4月30日に、北米地区における発行部数などを公表した。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.26

小沢一郎に無罪判決

政治資金規正法違反(虚偽記載)で強制起訴された小沢一郎に、無罪の判決が言い渡されました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.27

チェルノブイリの教訓とは?

1985年に起きたチェルノブイリの原発事故では、その4~5年後に、子供の甲状腺癌が多発するようになりました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.07

▽平成維新とは?――日本のポストモダン Scene8

「平成維新」とは何か? 私なりの考え方を示してみたいと思います。

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.07

米ジャーナリズムにおける盗作・捏造事件簿――『捏造と盗作』より

高浜賛『捏造と盗作』に登場する、米ジャーナリズムにおける盗作や捏造を年代順に主要なものだけですが、まとめてみました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.22

英科学誌ネイチャーが選ぶ「今年の十人」に児玉龍彦東大教授

英科学誌ネイチャーは、科学分野で話題を集めた「今年の10人」( Nature's 10 )の一人に、東京電力福島第1原発事故に関して国会で政府の無策を批判した児玉龍彦東大教授を選びました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.14

喧嘩上等ブロガーの経済学

ブログのアクセス数を上げる方法については、さまざまなブログや書籍などで紹介されています。そうした常識的な手法ではない、そして、普通のブロガーには、ちょっと真似できないブログのアクセス・アップ法について考察してみたいと思います。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.17

日立の高速鉄道にロンドン五輪モデルが……

2012年のロンドン・オリンピックに向けて、じょじょに盛り上がりを見せていますが、イギリスを走る日立の高速列車「クラス395」に、なんとオリンピック・モデルが用意されていることがわかりました……。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.14

マードック帝国の落日

メディア研究に携わっている者にとっては、ルパート・マードックというのは、いささか悩ましい存在であった。なるほどビジネスという側面にスポットを当てれば、世界に君臨するメディア王として評価せざるをえないだろう。しかしまた、健全なジャーナリズムという視点に立てば、いろいろと物議を醸してきた存在であることは否定できない。

書評を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.13

フェイスブックが、グーグルをおとしめるために広告代理店を使おうとしたとの指摘

フェイスブックが、グーグルをおとしめるために広告代理店を使おうとしたという指摘が、ブロガーによってなされました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.11

日立の鉄道事業の説明会に申し込み殺到

日立がイギリスで受注した高速鉄道の更新事業ですが、5月26日に行われる予定の、部品のサプライヤーになりたい地元企業向けの説明会の開催を告知したところ、1000件を超える申し込みがあったようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.09

二つの土下座の意味することとは?――日本のポストモダン Scene7

最近の日本を象徴することは、テレビで繰り返し繰り返し流される二つの土下座です。一つは、電力会社社長の土下座、もう一つは焼き肉屋の社長の土下座です。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.28

ノキアがSymbian OSの開発部門をアクセンチュアに譲渡――どうなるSymbian? その5

2月に米マイクロソフトとスマートフォンに関する包括提携を結んだノキアですが、なんと、Symbian OSの開発部門を、アメリカのコンサルティング会社アクセンチュアに譲渡する、と発表しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.26

ホリエモンの実刑が確定

ライブドア事件で証券取引法違反の罪に問われていたホリエモンこと堀江貴文の上告審で、最高裁は堀江被告の上告を棄却。2年6ヶ月の懲役が確定しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.20

〈システム〉の崩壊――日本のポストモダン Scene6

3月11日からずっと続いている福島原発の危険な状態を見るにつけ、日本の統治機構そのものに重大な欠陥があると感じている日本人は多いと思う。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.27

東日本と西日本の経済規模を比較してみる

先日のエントリーで、日本を東と西に分割して、それぞれに首都を持つようにしたらどうだろうか? と提案しました。では、東日本と西日本は、どの程度の規模となるのでしょうか?

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.25

「別枠」廃止の意味するもの――日本のポストモダン Scene5

東北・関東大震災のニュースに紛れて、あまり注目を集めていないのですが、地味に重要なニュースだと思ったのが、2009年8月の衆院選挙を「違憲状態」とする最高裁の判決です。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.18

「首都機能移転」論議の終焉――日本のポストモダン Scene4

3月11日に発生した東北・関東大震災の被災者の方々に哀悼の意を表するとともに、震災の復興や福島原発の事故に対処されている方々の努力に敬意を表します。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.02

日立のコンソーシアムが受注へ――イギリスの鉄道高速化事業

英国のハモンド交通相は、1日、鉄道高速化事業について、日立を中心とするコンソーシアムと最終交渉に入ることを発表した。保守事業を合わせた契約金額は総額45億ポンド(約6000億円)で、当初の75億ポンドから大幅に減額された。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.27

来週にも正式発表か?――どうなる日立のイギリス高速鉄道

イギリスの政治状況に翻弄されて、正式決定が先延ばしになっている日立の鉄道高速化事業ですが、来週にも、最終的な決定がくだされるのではないか、という噂が流れているようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.12

ノキアがマイクロソフトと提携――どうなるSymbian? その4

フィンランドのノキアが、米マイクロソフトとスマートフォンに関して包括的な戦略提携を結んだ、と発表しました。どうやら、ノキアがマイクロソフトの携帯電話用OSである Windows Phone 7 を採用したスマートフォンを開発するようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.08

英語力強化法Vol.18 Grammar in Use が売れてる理由

遅ればせながら、AERA English の2月号を手に入れたので、紹介します。この号の特集は、マーフィーの文法書として知られる Grammar in Use の特集。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.02

イギリスの犯罪マップが凄い件

イギリスでは、2月1日に、地域ごとに犯罪件数や犯罪の種類を表示できるオンライン・マップが開設されました。イングランドとウエールズが対象で、通りの名前や郵便番号で検索することができます。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.15

英語力強化法Vol.17 「非ネイティブの英語」をあまりお薦めしない理由

最近、「世界的に見れば英語話者の数は、ネイティブよりも非ネイティブの方が多いんだから、無理してネイティブの英語をめざす必要は無い」という「非ネイティブの英語のススメ」が流行っているようですね。うん。言いたいことはわかるんだけどね。それでもやはり、あまり、お薦めしないので、うん、その理由を書いてみようか。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.05

日立のイギリス高速鉄道一年後の評価は

日立のJavelin train(槍列車)と呼ばれる高速車両が、ロンドンから英仏海峡を結ぶ路線で運行を開始したのが、2009年12月14日のこと。一年たった時点での乗客の評価が、発表された。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.22

2010年のアメリカの電子書籍販売が、どれくらいになるか推計してみると……

アメリカでは、電子書籍の販売額が伸びつつある、と言われていますが、2010年はどれくらいの金額になるか、おおよその推計をしてみたいと思います。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.21

2011年2月よりプロダクト・プレイスメント解禁――イギリスでガイドライン決まる

イギリスでは、2011年2月28日より、映画やテレビ番組内で商品広告を行うプロダクト・プレイスメント(Product Placement)が解禁されることが決まりました。これにあわせてOfcom(Office of Communications = 英国情報通信庁)は、プロダクト・プレイスメントに関するガイドラインを発表しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.09

終身雇用の終わり――日本のポストモダン Scene3

会社更生法を申請し、更生計画を認可されたJALが、12月31日付けで整理解雇を行う方針であることを明らかにしました。

続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.12.07

ネットサービスで訴えられないためには――ウィキリークス創設者逮捕に思ふ

ウィキリークスのジュリアン・アサンジ氏が逮捕されたわけですが……。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.25

日立のイギリスにおける高速鉄道事業の正式決定は来年へ持ち越し

日立が優先交渉権を得ている、イギリスにおける鉄道の高速化事業について、英政府が25日にも決定すると報じられていましたが、正式決定は、来年に持ち越されることが発表されました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.22

日立の高速鉄道計画が承認される見通し――英紙伝える

日立が優先交渉権を獲得しているイギリスの高速鉄道の更新計画は、財政支出削減のため、廃止される懸念があったのですが、どうやら承認される見通しであることが英サンデー・タイムズで報じられました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.16

どうなるSymbian? その3

ノキアが、Symbian OSをオープンソースとして管理する団体Symbianファウンデーションを、ふたたび自社の管理下に置くことを発表しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.03

英タイムズのオンライン版、有料購読者数を公表

7月から、英タイムズ、英サンデー・タイムズ両紙のオンライン版の記事の有料化が開始されました。10月下旬に、調査会社のニールセンが36万2000人という推計値を発表しましたが、同紙は、これを受けて、正式なデータを公表しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.27

英タイムズのオンライン版の有料読者数は36万2000人

7月から、英タイムズ、英サンデー・タイムズ両紙のオンライン版の記事の有料化が開始されました。実際の読者数について、同紙は明らかにしていませんが、調査会社のニールセンが推計値を発表しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.20

どうなる日立――イギリス政府が大幅な歳出見直しへ

イギリスのオズボーン財務相は、20日(現地時間)、スペンディング・レビュー(Spending review)と呼ばれる大幅な歳出見直し案を発表しています。日立が優先交渉権を得ているグレート・ウエスタン本線とイースト・コースト本線の高速化事業は、見直しの対象となるのでしょうか?

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特捜神話の崩壊――日本のポストモダン Scene2

書評で魚住昭の『冤罪法廷』を紹介しました。叙述の中心は、郵便不正事件でしたが、それ以外にも、「特捜神話の崩壊」を印象づける事件がいくつも紹介されていました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.05

日立に朗報?――イギリスの高速鉄道にゴーサイン

イギリスの交通省は、ロンドンからマンチェスター、リーズへの高速鉄道敷設の計画にゴーサインを出しました。これは、日立に関係があるのでしょうか?

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.04

どうなるSymbian? その2

先日、ソニー・エリクソンが、「しばらくの間、Symbian OS搭載端末の開発は中止する」ことを明らかにしましたが、韓国のサムスンも、Symbianプラットフォームのサポートを2010年末までに終了すると、発表しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.30

どうなるSymbian?

携帯電話のOSとしては圧倒的なシェアを誇るのがSymbianですが、これに関して、米調査会社ガートナーによる2014年の市場予測が発表されているので紹介します。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.15

菅直人勝利の一考察――日本のポストモダン Scene1

『日本のポストモダン』を考察するシリーズを始めたいと思います。その第1回は、なぜ民主党の総裁選で菅直人が勝利したのか、なぜ小沢一郎は負けたのか、について。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.22

英語力強化法Vol.16 イメージ化に挑戦

前回のエントリーで、単語や英文を聴いた時に、別の単語や文章にパラフレーズしろ、と書きましたが、もっと凄いことをいう方もいます。それは、「聞こえてきた言葉を、そのままイメージ化しろ」というのです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.21

英語力強化法Vol.15 パラフレーズとは

パラフレーズというのは、英単語や英文を、別の単語や文章に置き換えること。これは、TOEFLなどの試験対策にも有効です。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語力強化法Vol.14 TOEFLライティング攻略法

前回のエントリーでは、TOEFLのスピーキング試験について考察しましたが、スピーキングの試験対策にも役立つ、ライティング試験の攻略法を教えたいと思います。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.20

英語力強化法Vol.13 TOEFLスピーキング攻略法

最近のTOEFLは、インタネーットを使ったiBT(Internet Based Testing)にかわり、さらに、文法問題が無くなって、スピーキングが加わったそうです。このTOEFLのスピーキング試験について考察したいと思います。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.19

英FTが、紙とウェブの購読者を合計して発表

英FT紙は、同紙の発行部数と、ウェブの有料購読者数を合計したデータを公表しました。こうしたデータが公表されるのは、新聞では初めてのことだそうです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.17

英語力強化法Vol.12 コロケーション――英単語の自然なつながり

前回のエントリーでは、動詞に副詞や前置詞が組みあわさった Phrasal Verb を紹介しましたが、今回は、英単語と英単語のつながりについて。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.16

英語力強化法Vol.11 英会話で難しいのは簡単な単語

英会話で一番難しいのは、実は、簡単な単語の組み合わせ、という話を。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.15

英語力強化法Vol.10 英会話にも文法が必要という話

英文法の勉強というのは、英文の読解に役立つという話をしましたが、英会話の文法が必要という話をしたいと思います。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.14

英語力強化法Vol.9 定冠詞/不定冠詞/冠詞無し

定冠詞/不定冠詞/冠詞無しを、すっきり理解するにはどうすればいいのか? ということについては、いろいろな方がいろいろな考え方を紹介してくれていると思います。ただ、これも、例外が多いので、結局、覚えるしかないのかも知れませんが、あえて私なりのまとめ方を紹介してみます。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語力強化法Vol.8 文法は役に立つのか?

英語の文法の問題を解いていると、ふと、「試験以外で文法は役に立つのだろうか?」と思うことがありますよね。実際のところ英文法って役に立つのでしょうか?

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.11

英語力強化法Vol.7 仮定法の謎

日本で使われている英語の文法書には、「仮定法」という項目があるはずです。英語で書くと、subjunctive mood。ところが、この「仮定法」という文法用語は、実は、イギリスの英文法書には無いのです!

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.10

英語力強化法Vol.6 リスニングの難関は?

ながらリスニングをしながらシャドウイングをすれば、リスニングの能力は飛躍的に上がる!……はずですが、いつまでたっても聞き取れない難関があります。それは……?

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語力強化法Vol.5 シャドウイングの効果は?

シャドウイングってご存じですか? 英語を聞きながら、それを追いかけるかたちで発音するという英語学習法です。では、その効果は……?

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.09

英語力強化法Vol.4 ながらリスニングにふさわしいラジオは?

リスニングの能力を向上させるには、何かをしながら英語を聴くことのできるラジオが一番。さて、どのラジオが、ながらリスニングにふさわしいでしょうか?

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語力強化法Vol.3 読むべき英文は?

日々、接する英文は、できるだけクオリティの高いものがいい。では、そんな良質な英文を提供してくれるのは?

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語力強化法Vol.2 英和辞書は捨てろ!

とある英語学校の教室。イギリス人の先生が生徒に持っている辞書を机の上に出すように言いました。そして、おもむろに、「こんなものは捨てろ!」と命じました……。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.08

英語力強化法Vol.1 英単語は分解して覚えろ!

しばらく英語の学習法について、書いてみたいと思います。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.29

任天堂、マジコン訴訟で勝訴――イギリスでは輸入、宣伝、販売を禁止へ

イギリスで争われていたニンテンドーDSのマジコン訴訟において、任天堂が勝訴した。イギリスの最高裁判所は、28日、任天堂の訴えを認めて、マジコンなどの英国への輸入や、宣伝、販売を違法とする判決をくだした。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.26

米政府がWikiLeaksを非難――アフガニスタン機密ファイル漏洩問題

政府や企業などから漏洩した機密情報を公開するウェブサイト WikiLeaks (ウィキリークス)が、25日、アフガニスタン戦争に関する機密ファイルを公開した。同団体は、これらの情報を事前に米ニューヨーク・タイムズ紙、英ガーディアン紙、独シュピーゲル誌に提供し、情報の信憑性が確認されている。米政府は、「国家の安全保障が危険にさらされている」と、WikiLeaksを非難するに至っている。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.21

英タイムズのニュース・サイト、課金後の読者数は90%減少か?――ライバル紙が推計

英タイムズ紙は、7月2日より本格的にニュース・サイトへの課金を開始しましたが、これにより、どれくらい読者数が減ったのかについて、ライバルである英ガーディアン紙の記者が、より実態にせまった推計を行っています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.20

英タイムズのニュース・サイト、課金後の読者は66%減

7月2日より、ニュース・サイトでの課金を本格的に開始した英タイムズですが、課金後の読者数は66%も減少したそうです。ただしこの落ち込み幅は、事前の予測よりも、小さかったとのこと。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブックリベレイター(BookLiberator)――本を簡単にデジタル化できる新商品

本や雑誌をスキャンしてデジタル化することが流行りつつあるようですが、そのためにスキャンする前に本や雑誌を裁断する必要があります。しかし、アメリカで発表された、ブックリベレイター(BookLiberator)という新商品は、本をばらすことなくデジタル化が行えるそうです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスでは地デジへの移行が順調なようで……

イギリスでも2012年までに、テレビの地上波放送はアナログからデジタルへと切り替えられますが、その移行は、思ったよりもスムーズに進んでいるようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

BBCのiPhoneアプリはどうなった?

BBCが、英国内向けにニュースとスポーツ情報を配信するiPhoneアプリを販売しようとしたところ、イギリスの新聞業界から「待った」がかかった、というニュースがありましたが、その後は、どうなったのでしょうか?

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.10

無料紙になったロンドンの夕刊紙イヴニング・スタンダードが黒字化か?

2009年10月から、無料紙になったロンドンの夕刊紙イヴニング・スタンダードが、6月の第三週に一週間だけですが黒字化した、と報じられています。

続きを読む

|

米CNNのエディターがtwitterの発言により解雇

CNNの中東担当シニア・エディターの Octavia Nasr が、twitter での発言が原因で解雇されました。彼女は、レバノンで活動するイスラム系政治組織ヒズボラの高官の死去に対して、「私が尊敬するヒズボラの偉大な人物の一人」( One of Hezbollah’s giants I respect a lot. ) と発言したことが問題視されました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.02

『もしドラ』を英エコノミスト誌が紹介

日本で100万部を超えるベストセラーとなった『もしドラ』こと『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』が、英エコノミスト誌で紹介されました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.30

ユーロ圏で銀行破綻への懸念が浮上

欧州中央銀行(ECB)が2009年に実施した金融機関救済のための資金供給の期限が7月1日で切れますが、ECBは支援の延長をしない方針を発表し、金融市場に動揺が走りました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.29

プロダクト・プレイスメントにゴーサイン――イギリス

イギリスのOfcom(Office of Communications = 英国情報通信庁)は、映画やテレビ番組内で商品広告を行うプロダクト・プレイスメント(Product Placement)に関するガイドラインを決定しました。

続きを読む

|

2010.06.27

ギリシャが借金返済のために島の売却を検討

財政破綻の瀬戸際にあるギリシャが、国内に約6000の島を売却することを検討している、と英ガーディアン紙が報じています。

続きを読む

|

2010.06.10

ポルトガルのジャーナリストがホテルで強盗に――南アフリカ

治安の悪さが伝えられている南アフリカですが、ヨハネスブルグのホテルに滞在中のポルトガルからきたジャーナリスト3人が強盗に襲われたそうです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.08

仏ル・モンド紙が身売りへ

フランスのル・モンド( Le Monde )紙は2010年6月4日付けの紙面で、過半数の株式を売却することを明らかにした。1951年から続いてきた記者自身による自主管理体制が終焉を迎えることになる。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.07

どうなる日立の鉄道事業?――英タイムズ紙より

6月4日付のFT紙で、日立が優先交渉権を獲得していた、イギリスにおける高速鉄道への切り替え事業がキャンセルされるのではないか? との報道がありました。英タイムズ紙が、今後の見通しを含めて、周辺取材を行っているので紹介します。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.25

イギリスも事業仕分け――政府広報予算もカット

対GDP比11.5%にのぼる財政赤字に苦しむイギリス政府は、事業仕分けによって62億5000万ポンド(8000億円)の歳出削減を行うと発表しましたが、その中には、政府広報予算も含まれていることが明らかになりました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.17

英インディペンデント紙がロンドンで無料紙化を検討

イギリスの左派系高級紙インディペンデント紙は、先頃、ロシア人富豪のアレクサンドル・レベデフ氏に買収されましたが、同紙は、ロンドンに限り無料紙として配布する計画を検討しているようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.14

英タイムズ紙もリストラなう

英タイムズ紙が、5月27日を締切とする希望退職を開始すると発表しました。興味深いのは、同紙の編集長であるジェームズ・ハーディング氏がスタッフに送ったメールが公開されている点です。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相官邸のホームページも政権交代……イギリス

5月11日に、イギリスのゴードン・ブラウン前首相が退任スピーチを行った数分後には、首相官邸のホームページ( http://www.number10.gov.uk/ )のコンテンツはアーカイブに入れられました。そして、キャメロン新首相が誕生すると、早速、新しいコンテンツが次々とアップされています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.12

保守党と自由民主党の連立が成立

かつて日本にも同じような連立政権があったような気がしますが……(笑)。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口蹄疫により600万頭の家畜を殺処分――2001年のイギリスのケース

現在、日本では、家畜の疫病である口蹄疫( foot and mouse disease ) の被害拡大が懸念されていますが、畜産の母国であるイギリスでも、過去に何度か被害に遭っています。中でも、史上最悪のケースと言われた2001年の口蹄疫の被害がどのようなものかを見ていきたいと思います。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.08

保守党が自由民主党との連立を模索

イギリス総選挙の結果が出ました。649議席(650議席中、一議席は候補者が急逝したため選挙延期)のうち、保守党が306議席と第一党になりました が、過半数に20届かないため、自由民主党との連立を模索することになります。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.07

英保守党が第一党だが過半数に届かず――出口調査

5月6日に実施されたイギリスの総選挙ですが、テレビ局の行った出口調査によりますと、保守党が第一党となるも、過半数に21議席届かないハング・パーラメント(Hung Perliament=宙吊り状態の議会)となる公算が高いとのこと。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.23

慎ましやかな技術革新――英エコノミスト誌

英エコノミスト誌2010年4月15日号では、新興国における技術革新の特集を組んでいますが、その中で、「慎ましやかな技術革新」(frugal innovation)について触れています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロソフトの十の失敗作――英デイリー・テレグラフ紙

英デイリー・テレグラフ紙が、マイクロソフト製品のワースト10をカウント・ダウン方式で紹介しています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.22

新聞が空港の売店から撤去される

火山灰によって飛行機のエンジンが火を噴いているイメージ写真を一面に掲載したイギリスのタブロイド紙『デイリー・スター』が、ガトウィック空港とマンチェスター空港の売店から撤去されました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.21

ハング・パーラメントに対する各国の反応……英エコノミスト誌

イギリスの総選挙では、どの政党も過半数をとれないハング・パーラメント(Hung Perliament=宙吊り状態の議会)となる可能性が高いようです。その結果として、連立政権が構成されることになりますが、イギリス政治においては、初めてに近い経験のため、英エコノミスト誌が、外国メディアの反応や、似たような事例をまとめています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.15

アメリカ議会図書館がTwitterをアーカイブとして保存へ

アメリカ議会図書館(Library of Congress)は、Twitter社のミニブログ・サービス上の「つぶやき(tweets)」をアーカイブとして保存することで同社と合意した、と発 表しました。同図書館では、すでに十年前からウェブ・ページやオンライン・ニュース、文書などの記録を行っており、すでにそのデータ量は167テラ・バイ トを超えているそうです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.10

日経新聞ウェブ版のリンク制限を、米NYタイムスが報じる

日経新聞のウェブ版が、直接リンクを禁止した件が、米NYタイムズ紙でも紹介されています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.09

フジテレビがイギリスのTV番組制作会社フリーマントルと提携

フジテレビが、イギリスのTV番組制作会社フリーマントル社と提携することになりました。相互に社員を派遣して、番組制作のノウハウを蓄積し、世界に向けて番組のフォーマットを販売する計画のようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.08

アメリカの2009年の電子書籍販売は3億ドル超

米出版社協会 (The Association of American Publishers = AAP) が7日に発表したデータによると、2009年の電子書籍の販売額は3億1300万ドル(約290億円)で、書籍全体に占める割合は1.3%だった。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.07

イギリスの総選挙、保守党が第一党か――英エコノミスト誌

イギリスの総選挙は5月6日に予定されていますが、英エコノミスト誌は、世論調査をもとにした推計として、保守党の獲得議席は283、労働党が273と報じています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.06

FTはパーフェクトなデジタル化のモデルなのか?――英ガーディアン紙

5日付けの英ガーディアン紙が、Is the Financial Times the perfect digital model? (FTはパーフェクトなデジタル化のモデルなのか?) と題し、今年で十五周年を迎えたft.comのビジネス・モデルを検証する記事を掲載しています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.04

2009年の北米における電子書籍の販売額は書籍全体の1.5%――英エコノミスト誌

英エコノミスト誌の2010年3月31日号に、電子書籍に関する記事が掲載されました。記事中に、アメリカのコンサルタント会社プライスウォーターハウス・クーパースの推計として、2009年の北米における電子書籍の販売額は、書籍全体の販売額の1.5%だった、と伝えられています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.01

ロシア人富豪によるインディペンド紙買収に異議あり

イギリスの高級紙インディペンデントが、ロシア人富豪のアレクサンドル・レベデフ氏によって買収されましたが、これに対して、同じくイギリス高級紙であるガーディアンが、異議を唱える広告を雑誌に掲載しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.30

BBCのiPhoneアプリに対し、もう一度「待った」

BBCが4月より提供開始を予定していたiPhoneアプリですが、BBCの監督機関であるBBC Trustが、イギリスの新聞業界に配慮して、もう一度サービス内容が適正であるかを判断するために、BBCに対して「待った」をかけました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.27

英タイムズ紙、6月よりウェブ課金へ

ルパート・マードック率いるニューズ・インターナショナル傘下の英タイムズ紙と、その日曜版である英サンデー・タイムズ紙が、6月より、ウェブ版に課金することを明らかにしました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.25

日立の鉄道事業はイギリス総選挙の結果次第?

日立は、2009年に、イギリスでの高速鉄道を新型車両へと交換する事業に関して、優先交渉権を獲得しています。これは。2013年から2018年にかけて、約1400両を新型に交換するというプログラムで、30年間の保守も含めて1兆円を超える規模の受注となると見られていました。

しかし、2月26日付の英ガーディアン紙の記事では、この計画が見直しの対象となることが伝えられています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.18

海賊版を取り締まらないと欧州で120万人が職を失う

インターネットなどで違法にダウンロードされる海賊版のコンテンツを取り締まらないと、ヨーロッパの音楽、映画、放送、その他のコンテンツ業界全体で、今後5年間に120万人が職を失うだろう、とのレポートが発表されました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年には携帯向けアプリがCDの販売額を抜く

携帯デバイス向けのアプリは、2009年には70億本ダウンロードされましたが、2012年には500億本に達するとのレポートが発表されました。販売総額でも、CDを抜くそうです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.17

アメリカ、カナダでは電子版の雑誌も発行部数にカウントへ

アメリカ、カナダの新聞や雑誌の発行部数を査定する団体ABC(Audit Bureau of Circulations)は、iPadなどに配信される雑誌の電子版も、発行部数としてカウントする、との方針を発表しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.16

「世界は4006年11月1日に滅亡する」――ダ・ヴィンチ・コードを解読

「世界は4006年11月1日滅亡するだろう」というレオナルド・ダ・ヴィンチの残した暗号を解読した研究者がいる、と英タイムズ紙が報じています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.19

BBCのiPhoneアプリに対し英新聞界が「待った」

17日にBBCは、ウェブサービスBBCオンライン(BBC Online)のコンテンツを、iPhoneで閲覧できるようにするアプリケーションを発表しましたが、イギリスの新聞界は、「民業圧迫である」とこれを非難する声明を発表しました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.18

米NBC、バンクーバー五輪放送の出し惜しみに批判

熱戦を繰り広げているバンクーバー冬季五輪ですが、米NBCが、放送権を獲得しているスポーツについて、生中継をしないで、CMが獲得できるプライム・タイムにのみ録画中継を行っていることに対して批判が集まっているようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.17

ニューヨーク・タイムズで記事の盗作が発覚

米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙は、14日、同紙のビジネス部門の記者が、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙やロイターなどの記事を、無断で盗用していたことを明らかにした。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

英デイリー・テレグラフ紙が70万部を切る

イギリスの保守系高級紙「デイリー・テレグラフ」の2009年12月の実売が、70万部を切ったそうです。同紙は、数年前までは100万部を維持していたので、相当な落ち込みのようです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.10

ガーディアンがマンチェスターなどの地方紙を売却

英ガーディアン紙を発行するガーディアン・メディア・グループ(Guardian Media Group)は、その発祥の地でもあるマンチェスターなどの地方紙部門を、トリニティ・ミラー(trinity Mirror)に売却すると発表した。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.09

クマーが五輪公式マスコットと勘違いされる

ポーランドの新聞ガゼッタ・オルスティンスカ(Gazeta Olsztynska)が、Pedobear(日本では「クマー」として知られている)を、バンクーバー冬季五輪の公式キャラクターの一つ勘違いして、掲載してしまう、という事件が起きました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.08

大英図書館が19世紀書籍のスキャン・データを無料公開へ

大英図書館(British Library)は、今春より、19世紀の小説などをスキャンしたデジタル・データをオンラインで無料公開すると発表した。アマゾンのKindleで閲覧が可能で、チャールズ・ディケンズやジェーン・オースティンなど、6万5000冊の19世紀の作品を、無料でダウンロードして読むことができる。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBCのプロデューサー、誤報で7万ポンドの賠償金

BBCのプロデューサーが、イギリスの通信社PA(Press Association)の誤報によって名誉が毀損されたとして、7万ポンド(972万円)の賠償金を受け取ることで和解した。「児童ポルノをダウンロードしたことで罪を認めた」と、PAが報道したが、罪を認めたのは、同姓同名の別のBBCのプロデューサーだったことが、誤報の原因。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの2紙のオンライン版が有料化へ

ドイツのアクセル・シュプリンガー(Axel Springer)社は、傘下の二紙のオンライン版を有料化することを発表した。ヨーロッパでのオンライン版の有料化は、今月中に有料化を開始するフランスの「ル・フィガロ」、今春予定のイギリスの「タイムス・オンライン」に続くもの。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.07

米司法省、Googleブック検索の和解修正案に懸念を表明

米司法省は、4日、Googleブック検索(Google Book Search)の和解修正案について、依然として、著作権法と反トラスト法に関し、懸念が残ったままだという声明を発表した。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英ボーダフォン、Twitterで暴言を吐いた社員を停職処分に

英ボーダフォンは、5日、同社のTwitter公式アカウントで、暴言を吐いた社員を停職処分にしたことを明らかにした。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エマ・ワトソンがハリウッドでもっとも稼ぐ女優に

映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役のエマ・ワトソンが、ハリウッドで出演料を稼いだ女優のトップにたったことがわかりました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.06

英EMIが経営危機

イギリスのレコード会社大手のEMIが経営危機に陥っていると英FT紙が報じています。現在のEMIは、ガイ・ハンズ(Guy Hands)氏が率いる投資ファンドのテラ・ファーマ(Terra Firma)の傘下にありますが、1億2000万ポンド(170億円)の資金が調達できなければ、債権者のシティ・グループに資産を差し押さえられてしまうことになるそうです。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいフリーペーパー『ロンドン・ウィークリー』の運命やいかに?

新しいフリー・ペーパーとして、2月5日に、『ロンドン・ウィークリー』(London Weekly)が創刊されました。ロンドンの地下鉄などで25万部配布される予定ですが、さまざまなジャーナリストから「本当に発行されるのか?」という疑問が投げかけられていました。さて……。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅経費の不正流用問題で英国会議員など4人が起訴

2009年5月に、英デイリー・テレグラフ紙のスクープによって発覚した、イギリスの国会議員による住宅経費の不正流用問題で、3人の議員を含む4人が起訴されました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.05

多いか少ないか?――米Youtubeの映画レンタル10日間の売上は1万ドル

米Youtubeが、1月20日より開始した映画のレンタルサービスですが、初めの10日間の売上は、1万0709ドル16セント(89万円)だったことがわかりました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVのプロダクト・プレイスメント広告でジャンク・フードなどが制限へ

イギリスでは、5年以内に、TV番組における広告手法の一つであるプロダクト・プレイスメント(Product Placement)が解禁される方向で検討が進められていますが、子どもへの影響を考慮して、ジャンク・フード、アルコール、ギャンブルなどについては、解禁されないことになりました。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英タブロイド紙による盗聴事件で内部調査を公開命令

イギリスの大衆紙の日曜版『ニュース・オブ・ザ・ワールド』による携帯電話のメッセージ盗聴事件に関して、英高等法院は、同紙に対して内部調査の詳細を公開するように命じた。盗聴事件の被害者の一人であるマックス・クリフォード氏の求めに応じたもの。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.04

英エコノミスト誌が日本の新聞についてレポート

イギリスの経済週刊誌『エコノミスト』が、日本の新聞業界の将来について、『ぐらつく巨人』("The teetering giants")と題するレポートを掲載しています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英夕刊紙、無料化で読者数が倍に

イギリスの夕刊紙『イヴニング・スタンダード』の読者数が、2009年10月に実施された無料化後に、2倍以上に増えたとのこと。読者数は、137万人となり、有料化以前の4-9月の55万6000人から大幅に増加。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.03

米WSJの広告と売上が回復

ニューズ・コーポレーションは、2009年第2四半期(10-12月期)決算を発表した。その中で、ルパート・マードック米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のオンライン広告が前年同期比17%増、WSJ紙の売上が同5%増となったことを明らかにした。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ユーロ2008』の特設スタジオ設置でBBCが批判される

BBCが2008年にスイスとオーストリアで開催されたサッカーの欧州選手権 『ユーロ2008』において、主催者側が用意したスタジオを使用しないで、25万ポンド(3600万円)をかけてウィーン市内に特設スタジオを設置したことに対して、市民団体から「無駄遣いだ」との批判がなされています。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.01

赤字のBBC Worldがテコ入れ

赤字に苦しんでいるBBCの国際ニュース・チャンネルがテコ入れをするそうです。ジョージ・アラガイ(George Alagiah)やゼイナブ・バダウィ(Zeinab Badawi)などのキャスターを主要なニュースに起用するほか、ロンドンよりも英国外での取材を増やすとのこと。

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.03

「大恐慌」を覚悟したほうがいい……のかも

ちょうど2年前、世界中で「アメリカのサブプライム・ローン問題」が騒がれていましたが、その時、私は、次のようなエントリーを書きました。

サブプライムローン問題は、今のところ、それほど大騒ぎする必要はないんじゃないか、と私が考える理由
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2007/09/post-eca6.html

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.03

頑張ってよ、TypePad

通りすがりの幽霊ブロガーだ!(笑) 下記のようなニュースを見かけたので、ちょっとだけ。

シックス・アパートとアイティメディアが事業提携へ、資本提携の構想も
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20397435,00.htm
《アイティメディアは現在、ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」でシックス・アパートのブログシステム「TypePad」を採用している。》

続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)