2012.07.14

2012年07月14日のニュース・クリップ

朝日新聞デジタル:イングランド代表テリー無罪判決 人種差別発言「なし」 - スポーツ

テリーは昨年10月23日のクイーンズパーク戦で、アントン・ファーディナンドに差別的な言葉を浴びせたとされた。しかし、テリーは無実を主張。複数の証拠を精査した結果、人種差別発言はなかったと結論付けられた。

ロンドン五輪の民放・BS放送スケジュール決定…約216時間は過去最大規模 | リセマム

地上波では、夕方からゴールデンタイムに行われる予選競技、22時から行われる決勝競技の生中継のほか、注目競技の録画放送を織り交ぜながら1日約10時間の放送を予定。

スペイン政府が地方政府向け緊急融資を閣議決定、180億ユーロ | Reuters

スペインは13日、地方政府の財政破たん回避に向けた最大180億ユーロの緊急融資枠を閣議決定した。また、ラホイ首相が11日に発表した650億ユーロの追加緊縮策の詳細を明らかにし、年金改革についても検討を進める方針を示した。

独オペルCEOが辞任、米GM<GM.N>が再建計画に不満か | Reuters

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N: 株価, 企業情報, レポート)は12日、ドイツ子会社オペルのカール・フリードリヒ・ストラッケ最高経営責任者(CEO)が辞任した発表した。 辞任は予想外。GMのダン・アカーソン最高経営責任者(CEO)直轄の「特別任務」に就くためと説明しているが、アナリストは、過去12年間で140億ドルの損失を出している欧州部門に対し、GM本社内で不満が募っていることが原因と分析している。 

“オスプレイ墜落は操縦ミス” NHKニュース

アメリカの最新型輸送機「オスプレイ」が、ことし4月、モロッコで墜落した事故について、国防総省は「パイロットの操縦ミスが原因で、機体に欠陥があるわけではない」と結論づけたと軍事専門誌が報じました。


|

クリップ2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年07月14日のニュース・クリップ:

« ▽『世紀の誤審』――オリンピックからW杯まで | トップページ | ▽『五輪ボイコット』――幻のモスクワ、28年目の証言 »