2012.07.31

2012年07月31日のニュース・クリップ

体操男子団体 日本、得点見直しで銀メダル| ytv

一時、日本の最終成績は4位と表示されたが、内村のあん馬の得点について、再集計の結果、2位に変更された。 優勝は中国、3位はイギリスだった。イギリスが男子団体でメダルを獲得したのは、1912年のストックホルム大会の銅メダル以来、100年ぶり。

ロンドン五輪組織委、未使用入場券を再販売―空席問題に対応 - WSJ日本版

ロンドン五輪組織委員会は30日、入場券の入手が難しいにもかかわらず、競技会場で空席が目立つとして批判が高まっていることを受け、五輪関係団体に割り当てた未使用の入場券を回収し、一般向けに再販売を開始したことを明らかにした。

朝日新聞デジタル:ギグス:「国歌を歌わないことに問題はない」

セネガルと1-1で引き分けた大会初戦で、ウェールズ出身のギグスとFWクレイグ・ベラミー、MFジョー・アレンはキックオフ前にイギリス国歌『ゴッド・セイブ・ザ・クイーン』を歌わなかったことが論議を呼んでいた。3人は29日に行われたUAE戦でも国歌を歌わなかったが、試合後にギグスはこの件は問題視するようなことではないと語った。

何本わかった?ロンドン五輪開会式で使われたイギリス映画をずらっと紹介! - セレブリティニュース

ダニエル・クレイグとエリザベス女王2世の共演は言わずもがな『007』シリーズがモチーフに。ローワン・アトキンソン演じるMr.ビーンが、『炎のランナー』のクリップの中に現れるという奇跡のコラボも実現した。…… デヴィッド・リーン監督の『オリヴァ・ツイスト』、ジーン・ワイルダー主演の『夢のチョコレート工場』、チャールズ・チャップリンの作品、マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー監督の『天国への階段』、ゴードン・ジョン・シンクレア主演の『グレゴリーズ・ガール』。 さらに、デヴィッド・ボウイ主演『地球に落ちて来た男』、ケネス・ローチ監督の『ケス』、ヒュー・グラント主演『フォー・ウェディング』、『フル・モンティ』、『ベッドかざりとほうき』、そしてダニー・ボイル監督の『トレインスポッティング』などだと思われる。

仏映画監督のC・マルケル氏死去 日本関連の作品多く ― スポニチ

85年に「AK・ドキュメント黒沢明」を撮ったほか、日本の社会現象や風景を取り込んだ「サン・ソレイユ」(82年)、第2次大戦の沖縄戦を扱った「レベル5」(96年)など日本関連の作品も多い。代表作に「12モンキーズ」にリメークされた「ラ・ジュテ」(62年)など。


|

クリップ2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536877/55324054

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年07月31日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 30 July 2012 | トップページ | News Headlines - 31 July 2012 »