2012.09.20

2012年09月20日のニュース・クリップ

【フォトキナ2012】ドイツ・ケルンでカメラの祭典が開幕、世界中から来場者続々 [サーチナ]

】2年に一度開かれる世界最大のカメラ・映像機器の見本市「フォトキナ2012」が、ドイツ・ケルンで現地時間の9月18日に開幕した。会場は、ケルンのシンボルである大聖堂からライン川を隔てたケルンメッセ。41か国から1158の出展者を集め、世界中から18万人の来場者を見込む。今回は、ミラーレス一眼とWi-Fi対応が大きな潮流になっている。

Business Media 誠:伊吹太歩の世界の歩き方:アメリカ政府はウソをついているのか ビンラディン殺害の真実

その時にその男性がビンラディンだと分かったのかという質問に、オーエンは「いや、分からなかった」と答えている。ビンラディン殺害作戦前に、実は米政府は、突入する予定の邸宅に、ビンラディンが暮らしているという100%の確証を持っていなかったのだ。だが襲撃にゴーサインを出した。 さらにオバマ政権の公式発表とは違い、ビンラディンは一切武装していなかったと、オーエンは証言する。

【スライドショー】ロンドン市内を一望できるルーフテラス付きペントハウス - WSJ日本版

この寝室3部屋のデュープレックスはロンドンのナイツブリッジに位置し、ルーフテラスからはロンドン市内を見下ろす360度の眺望が楽しめる。

ロンドン五輪で民放赤字 五輪放送で初 - SANSPO.COM(サンスポ)

民放連の井上弘会長は20日の定例記者会見で、ロンドン五輪のテレビ放送をめぐる民放全体の収支が赤字になったことを明らかにした。井上会長は赤字額を明かさなかったが、関係者によると数億円とみられる。……井上会長は赤字の理由として、五輪の放送権料が高騰している点や、時差で深夜の放送が多かった点を挙げた。

生まれ変わるか イギリスで進む食の改革:ワールドビジネスサテライト

オリンピックの開催で世界から人が集まったロンドン。そこでは、イギリスの食材をできるだけ多くの人に知ってもらおうという取り組みが繰り広げられていました。ロンドンではいま、食の改善を図ろうと空き地の効率的な利用による菜園作りが進んでいます。また、これまであまり目立たなかったイギリスワインについても新規参入による生産者の拡大が始まりました。食の改善はなるのか、イギリスの食改革の取り組みを追いました。


|

クリップ2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年09月20日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 19 September 2012 | トップページ | News Headlines - 20 September 2012 »