2013.06.28

2013年06月28日のニュース・クリップ

くまモン、ヨーロッパでの“営業活動”スタート、 ドイツ・シュタイフ社も表敬訪問 #広報会議 | AdverTimes(アドタイ)

熊本県のPRキャラクター「くまモン」は、フランス・パリで熊本をPRすべく7月4~7日に開かれる「第14回ジャパンエキスポ」に参加する。ノール・ヴィルパント展示会会場のステージで「くまモン体操」やダンスなどを披露し、存在感をアピールする。

英「ハンバーガー戦争」前夜 急成長の米2チェーン、ロンドン進出 - SankeiBiz(サンケイビズ)

来週ロンドンに進出する米ハンバーガーチェーンはファイブ・ガイズとシェーク・シャック。……両社は英国での事業拡大を計画しており、バイロンなど英国生まれのハンバーガーチェーンのほか、マクドナルドやバーガー・キングなど大手チェーンと英市場でしのぎを削る。

バチカン高官ら買収容疑で逮捕 申告せず現金空輸依頼か - 徳島新聞社

スカラノ容疑者は情報機関員に、40万ユーロ(約5200万円)の謝礼と引き換えにスイスから2千万ユーロの現金を当局に申告せずイタリアに空輸することを依頼した疑いが持たれている。AP通信によると、2千万ユーロはスカラノ容疑者の友人が金融ブローカーに貸した金で、最終的にブローカーが返済を渋ったため、空輸は実現しなかった。

公正な選挙制度: 一票の格差、スイスの政治学者に聞く - swissinfo.ch

swissinfo.ch : プーケルスハイム式とは何でしょうか? プーケルスハイム式では、選挙区全体の得票数に応じて各政党に議席数を割り当て、その後、各政党が得た議席数を各選挙区に配分する。もし一つの政党が小数点の問題で一つの選挙区で議席を得られなかったとしても、それが他の選挙区でボーナスになるように計算されるため、得票率に応じた議席配分が州全体でできるようになっている。

インテル、インドネシア実業家に株40%譲渡…3年めどで完全譲渡か|スポーツナビ

サッカーイタリア1部リーグのインテル・ミラノがクラブの株40%をインドネシア人実業家、エリック・トヒル氏に売り渡し、3年後をめどにして同氏が筆頭株主になり、クラブが完全に譲渡される可能性が高いことがわかった。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年06月28日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 27 June 2013 | トップページ | News Headlines - 28 June 2013 »