2013.08.14

2013年08月14日のニュース・クリップ

なぜ?パナソニック宣伝戦略に違和感 バルサ契約…社内外から驚きの声 - SankeiBiz(サンケイビズ)

メッシやネイマールなどを擁するスペインの強豪サッカークラブ「FCバルセロナ」と、パナソニックがグローバル・パートナーシップ契約を結び、話題を呼んでいる。バルサのサポーターは「経営再建中の日本企業がスポンサーというのは…」と困惑。一方、パナソニック社内からも「効果があるのか。お金がない時期なのに」といった懐疑的な声も聞こえてくる。広告代理店の関係者が「違和感がある」と評した今回の宣伝戦略が“オウンゴール”とならなければよいが…。

宗教画「修復」予想外の町おこしに スペイン、画家も汚名返上 ― スポニチ Sponichi Annex

スペイン北東部ボルハの教会で昨年、「修復」されたキリストの絵が「さるのようだ」とやゆされ、大きな話題となったことが、予想外の町おこしにつながった。修復を手掛けた地元の女性画家も自作の個展を開き、汚名返上を果たした。

47階高層住宅にエレベーター設置忘れ、完成間近に気付く スペイン - MSN産経フォト

スペイン南東部アリカンテで、高さ約200m、47階建ての高層住宅InTempoの建設が進められている……この高層住宅は当初、20階建てで計画され、後に47階建てへと変更。この際、設計者が増築分のエレベーターの設置を忘れ、誰もこの欠陥に気がつかないまま工事が進められた。内部にエレベーターを設けるのは不可能という。

繁栄を謳歌する英領ジブラルタル、不況下スペインの南端で : AFPBB News

堅調な経済成長とほぼゼロの失業率を誇るイベリア半島南端の英領ジブラルタル(Gibraltar)は、すぐ隣のスペインとは対照的に繁栄を謳歌している──。……スペインが英国からの返還を求めるジブラルタルの12年のGDP(国内総生産)は12億ポンド(約1800億円)で経済成長率は7.8%だった。一方、英国は同0.2%、2008年の不動産バブル崩壊の余波に苦しむスペインはマイナス1.4%だった。

スペインが9月から国債発行ペース鈍化、イタリアは予定通り発行へ | Reuters

良好な市場環境を背景にスペインとイタリアが今年の資金調達を順調に進める中、スペイン当局者は、今後数カ月にわたり国債発行ペースを落とす考えを明らかにした。一方、イタリア政府関係筋は当初の借り入れ計画を維持する方針を示した。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年08月14日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 13 August 2013 | トップページ | News Headlines - 14 August 2013 »