2013.08.24

2013年08月24日のニュース・クリップ

[教えて大前先生] 世界から尊敬されるドイツ、警戒される日本 大前研一の日本のカラクリ:プレジデントオンライン

日本でバブルが弾けた20年以上前、ドイツは東西ドイツの統一によって重い荷物を背負った。旧西ドイツ国民の負担は240兆円を超えたという試算もある。当時の東ドイツの失業率は20%近く、1人当たりGDPは西ドイツと10倍以上の開きがあった。それが今やドイツ全体の失業率は4%台で、GDP格差は0.72倍まで縮まっている。この20年で東の吸収に完全に成功したと言っていい。

【緯度経度】?壮大な誤解?韓国こそ「ドイツに学べ」 - MSN産経ニュース

 ナチス・ドイツの歴史を振り返り、あえて韓国に相当するような国を探せばオーストリアかもしれない。 ヒトラーの故郷でもあるオーストリアはナチス・ドイツに6年間、併合されその一州になった。ナチス・ドイツと一体だったため、戦後は連合国の米英仏ソによる分割占領後、中立化を条件に1955年、独立を回復した。韓国(朝鮮)が戦後、連合国の米ソに分割占領されたのと同じだ。 興味深いのはオーストリアはナチス・ドイツとの過去の関係を国際社会に謝罪していることだ。これでいくと韓国は日本との過去を謝罪、反省しなければならないことになるが…。

17世紀の計算機、ロンドンで競売へ 持ち運びも可能  :日本経済新聞

競売大手クリスティーズは23日、17世紀後半に作られた“ポケットサイズ”の機械式計算機の競売を10月10日にロンドンで行うと発表した。「持ち運び可能な機械式計算機としては最も初期に作られたものの一つ」で、現存している同型機は世界で数個のみの珍品という。 同社は落札価格を7万~10万ポンド(1080万~1540万円)と予想している。

「ピンク・パンサー」とみられる脱獄した武装強盗犯を逮捕、フランス : AFPBB News

フランス警察当局と司法筋は21日、スイスの刑務所から5月に脱獄していた宝石窃盗団「ピンク・パンサー(Pink Panther)」のメンバーとみられる容疑者(47)を19日に逮捕していたことを明らかにした。 モンテネグロ生まれでフランスとマケドニアの国籍を持つ容疑者は、フランス南部アビニョン(Avignon)の北約15キロの町ベダリッド(Bedarrides)の自宅の窓から逃げようとしていたところを拘束された。

フランス人は日本文化が大好き!? “「日本のゲームが海外に通用しない」なんてウソだ!”リポート【CEDEC 2013】 - ファミ通.com

セッションでは、フランスでどのように日本文化が広がっていったのかが、くわしく解説された。確かに、最近テレビなどで“日本のコンテンツはフランスで大人気”と紹介される機会も多い。「それは事実だけれど、昔から人気があったわけではなく、90年代から飛躍的に人気が上昇した」とフロラン氏は歴史を語ってくれた。 そもそも、90年代からいきなり日本ブームがわき起こったわけではなく、フランス人はもっと古くから日本文化に興味を示していたという。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536877/58117911

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年08月24日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 23 August 2013 | トップページ | News Headlines - 24 August 2013 »