2013.10.11

2013年10月11日のニュース・クリップ

アリタリア航空の救済、参加なら厳しい条件課す=エールフランス・KLM | Reuters

エールフランス・KLMはアリタリア航空に25%出資する。エールフランス・KLMの広報担当者は、増資に参加する場合の条件の詳細には触れていない。ただ極めて厳しい条件になると繰り返し表明した。

英ロイヤル・メール株の上場初日、一時IPO価格から38%高 - Bloomberg

360年の歴史を持つ英郵便事業、ロイヤル・メール・グループの株価はロンドン市場上場初日となる11日の取引で一時、新規株式公開(IPO)価格の330ペンスを38%上回った。ロイヤル・メール株は一時、126ペンス上げ456ペンスに達した。ロンドン時間午前9時2分(日本時間午後5時2分)現在は446ペンスでの取引。これに基づいた時価総額は44億6000万ポンド(約7000億円)となる。ロイヤル・メールの民営化は1990年台の鉄道事業ブリティッシュ・レール分割以降で最大の政府資産放出。個人投資家からの予想以上の需要に対応するため、ロイヤル・メール株の機関投資家への割り当ては当初予定から引き下げられた。政府はロイヤル・メール上場で17億ポンドを調達した。

カントナ氏:「フランスにはサッカー文化がない」 - Goal.com

「リオデジャネイロやロンドンには6クラブある。ローマやバルセロナ、ミラノ、マドリッド、ブエノスアイレス、マンチェスター、イスタンブールなど、大きな街には少なくとも2クラブがある。だが、フランスではパリに2つのビッグクラブを持つことができなかった」「パリだけじゃない。フランスだけは、一つの街に複数のトップクラブを持つことができていないんだ。トップリーグの話をしているんだよ。フランスにはサッカー文化がなく、サッカーへの情熱がない。これが今の状況だ。これから変わるかもしれないがね」

【London】空前のクラフトビール・ブーム到来!! パブ文化復権か? 日経トレンディネット

柑橘系やトロピカル系など豊かな香りとフレッシュなフレーバーを持ち、醸造家たちのこだわりを色濃く反映して製造される“クラフトビール”。米国に端を発した新しいビールの波は、ここ数年日本でも旋風を巻き起こし、ヨーロッパにおいても破竹の快進撃を繰り広げている。イタリアのクラフトビールは、昨今世界のビール通から熱い注目を集め、デンマークやノルウェーなどの北欧諸国からも新鮮なコンセプトを持った醸造所が続々と誕生しているほど。そしてここ英国、ロンドンにおいても、クラフトビール・ブームは、この街のビール市場を塗り替える勢いで進行中だ。

モデルのカーラ・デルヴィーニュ、ペルージャ英国人留学生殺害事件の映画に出演へ - 楽天woman

この事件は2007年にイタリアのペルージャで起きた。イギリス人留学生が殺害され、ルームメイトだったアメリカ人女性とその交際相手であった男性、そして麻薬密売人が逮捕された。この事件はイタリアやアメリカでかなり大きく報道され、後にテレビ映画化もされた。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年10月11日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 10 October 2013 | トップページ | News Headlines - 11 October 2013 »