2013.10.15

2013年10月15日のニュース・クリップ

時事ドットコム:ティモシェンコ氏釈放へ調整=ドイツでの療養名目-EU連合協定控えウクライナ

ウクライナのヤヌコビッチ政権が、収監中のティモシェンコ前首相をドイツでの療養を名目に事実上釈放する方向で最終調整に入った。欧州連合(EU)は11月末にウクライナと締結を目指す「連合協定」に関し、収監問題の解決を条件にしており、釈放が実現すれば将来的なEUとの統合に向けて大きく動きだす。

ドイツ、最低賃金制導入に現実味 野党が連立の条件に  :日本経済新聞

ドイツが低賃金労働を法律で規制する最低賃金制度の導入に傾いている。新政権の樹立に向けて保守系与党との連立交渉に入った社会民主党(SPD)が所得格差の是正を訴えて導入を主張。保守陣営にも容認論が広がる。実現すれば労使交渉で賃金を決める原則を貫いてきたドイツの雇用政策は転換点を迎え、政策全般に左派色がにじむ可能性がある。

ITS世界会議、東京で開幕 自動運転などテーマに  :日本経済新聞

高度道路交通システム(ITS)の普及を推進する「ITS世界会議 東京2013」が14日、東京で開幕した。IT(情報技術)を活用した自動走行の実現などをテーマに18日まで開催する。期間中はトヨタ自動車やホンダなどの自動車メーカー各社が、自動運転車の走行デモや試乗会を実施。日本勢が先行するITS技術を世界にアピールする。

音楽を目的の観光がイギリスに約3500億円の経済効果をもたらしていることが明らかに (2013/10/14) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック)

イギリス政府の観光局にあたるヴィジット・ブリテンと音楽産業全般の協賛団体であるUKミュージックの共同で行った調査報告「ザ・ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア」によれば、昨年イギリスを訪れた観光旅行客のうち650万人は音楽フェスティヴァルもしくはライヴを観る目的でイギリスに来ていたことが明らかになっていて、観光産業に13億ポンド(約2093億円)の経済効果をもたらし、ひいては音楽興行業や宿泊業界にも大きな収益をもたらすことになった。また、報告によれば、イギリスの音楽オーディエンスのうち観光旅行客はその41パーセントを占めていて、昨年のイギリス経済全体に9億1400万ポンド(約1471億5千万円)もの経済効果をもたらしたとのことだ。

ぜいたく聖職者:住居改装などで41億円、ドイツ- 毎日jp(毎日新聞)

ドイツ西部リンブルクのカトリック司教が、住宅建設などに3100万ユーロ(約41億円)もの大金を使っていたことが発覚し、問題となっている。「貧者のための教会」を掲げるフランシスコ・ローマ法王の方針に反するとの批判が起き、司教は13日、状況説明のため急きょバチカンを訪問。独メディアによると、検察当局は教会財産を流用した背任容疑での捜査も検討しているという。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年10月15日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 14 October 2013 | トップページ | News Headlines - 15 October 2013 »