2014.01.23

2014年01月23日のニュース・クリップ

米無人偵察機 三沢配備を通知 NHKニュース

防衛省によりますと、アメリカ軍から、グアム周辺は台風の発生が多く「グローバルホーク」の運用に支障が出やすいとして、2機について、毎年5月から10月までの間、青森県のアメリカ軍三沢基地に配備して運用したいという打診があり、このほど日米両政府が合意し、防衛省は22日、三沢市側に伝えました。
アメリカ軍の「グローバルホーク」が国内に配備されるのは、初めてです。
防衛省によりますと、「グローバルホーク」は、三沢基地を離着陸する際は基地にいる担当者が遠隔操作して運用され、離着陸以外の飛行についてはアメリカ本土から遠隔操作するということです。

2013年5月のアメリカ空軍F-15C墜落事故 制御システムの故障が原因 | FlyTeam ニュース

アメリカ空軍は、2013年5月28日に沖縄東方の太平洋上にF-15Cが墜落した事故について、調査結果を2014年1月21日に発表しました。
事故は、2機編隊での訓練飛行中に発生し、ウイングマンがリーダーと編隊を組むため接近しようとしたときに操縦装置が無反応となり、油圧と3舵の制御補強システムの警告灯が点灯しました。機体は20秒以上左旋転降下に陥り、パイロットは回復不能と判断して4,500フィートで脱出しました。
事故調査委員会では、パイロットの操縦で反応する飛行制御システムに故障があり、さらにパイロットが操作していないのに舵面が動作したとしています。また、制御システムの故障を分析し、対処するパイロットのシミュレーター訓練が不足していたことも要因として挙げています。

ロシアの有名政治家 オバマ大統領に「できるだけ早く妻から逃れるよう」呼びかける: The Voice of Russia

ロシアで最も破天荒な政治家の1人、ウラジーミル・ジリノフスキー氏は、世界の指導者は独身でなければならないと考えている。……ジリノフスキー氏は、「オバマ大統領の外見は大きく変わった。顔色が悪くなり、しわが増えた。これはミシェル夫人のせいだ。クリントン元大統領はモニカ・ルインスキー(不倫スキャンダル)に破滅させられたが、オバマ大統領を破滅に追い込んでいるのは妻だ」と語った。
 ジリノフスキー氏は、「できるだけ早く妻から逃れるよう」オバマ大統領に呼びかける親書を送ると発表した。

ソチ五輪:ハンガリー選手団に脅迫状 ドイツなどにも - 毎日新聞

ハンガリーのオリンピック委員会は22日、来月7日に迫ったロシア南部ソチの冬季五輪を前に、ハンガリー選手団へのテロ行為を警告する脅迫状を受け取ったと発表した。国営通信社などが伝えた。ロイター通信によると、ドイツやスロベニアも22日、同じような脅迫状が届いたことを確認した。

朝日新聞デジタル:裁判官、バルサ会長に対する告発状を受理 - スペイン・リーガエスパニョーラ

マドリッド中央裁判所のパブロ・ルス裁判官が、バルセロナのソシオによる、同クラブのサンドロ・ロセイ会長に対する告発状を受理した。バルセロナがFWネイマールの獲得オペレーションで、粉飾決算を行っていた疑いがあることを認めた格好だ。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536877/59008571

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年01月23日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 22 January 2014 | トップページ | News Headlines - 23 January 2014 »