2014.04.01

2014年04月01日のニュース・クリップ

ユーロ圏:2月失業率11.9%にとどまる-イタリアは過去最悪 - Bloomberg

ユーロ圏の2月の失業率 は前月と同水準の11.9%だった。ドイツで改善が続く一方イタリアでは過去最悪の失業率を記録するなど、域内雇用市場回復のまだら模様が浮き彫りになった。

教皇とオバマ米大統領が初会見 贈物交換は野菜・草花の種とメダル・著書 : クリスチャントゥデイ

教皇フランシスコは3月27日、米国のバラク・オバマ大統領をバチカン(ローマ教皇庁)宮殿に迎え会見した。
教皇フランシスコとオバマ大統領の出会いは今回が初めて。同大統領のバチカン訪問は2009年7月のベネディクト16世との会見以来、2度目。約50分にわたった会談では、国際情勢について意見が交換され、特に紛争地域での人権と国際法の尊重、双方の話し合いによる問題解決の必要が強調された。

欧米12行に集団訴訟―為替操作疑惑で - WSJ.com

為替市場の不正操作をめぐり、大手投資家グループが欧米12行を相手取って米国で集団訴訟を起こした。
 ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所に集団訴訟を起こしたのは米国とカリブ海に籍を置く投資家グループ。市・州年金基金などが含まれる。……訴えられたのはバンク・オブ・アメリカ、バークレイズ、BNPパリバ、シティグループ、クレディ・スイス、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス・グループ、HSBC、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、UBSの12行。

三菱レイヨン/欧州現地法人を設立|物流ニュース、ロジスティクス情報

従来、当社は欧州顧客向けに、産業用途の炭素繊維・複合材料、フィルム・コーティング材料などの機能化学品や、浄水器などを販売してきましたが、地域に密着したマーケティング活動を促進するために2011年にドイツ・デュッセルドルフに駐在員事務所を開設しました。その後、欧州におけるビジネス拡大に対応して法人化を検討するなかで、2013年11月に法人格を有するMRCE社を設立し、このたび2014年4月1日よりマーケティング活動に加え本格的な販売活動を開始するものです。

ダビンチ作?真贋論争 日本で15年保存、イタリアへ:朝日新聞デジタル

レオナルド・ダビンチ(1452~1519)の未完の大壁画「アンギアーリの戦い」の下絵の可能性がある絵画が70年ぶりにイタリアに戻り、真作かどうか議論を巻き起こしている。イタリア政府に寄贈したのは、東京都八王子市の東京富士美術館。15年間にわたり、日本国内で眠っていた。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年04月01日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 31 March 2014 | トップページ | News Headlines - 01 April 2014 »