2014.04.16

2014年04月16日のニュース・クリップ

ウクライナ東部、親ロ派排除へ軍投入 銃撃戦で死者か  :日本経済新聞

ウクライナのトゥルチノフ大統領代行は15日、同国東部ドネツク州の警察署や行政庁舎を占拠した親ロシア派武装勢力を強制排除するための作戦を同日未明に開始したと最高会議(国会)で表明した。

ドイツ:中国人夫妻スパイ、「保護費」受給で返還命令 - 毎日新聞

台湾の情報機関から長年、工作資金として多額の送金を受けながら、居住先のドイツで福祉補助金を受給していた中国人夫妻のスパイに対し、ドイツ北部リューネブルクの裁判所が今月、補助金4万ユーロ(約560万円)の返還を命じ、話題になっている。独メディアはスパイ映画の主人公に例え「007が生活保護費を受給」などと伝えている。

伊元首相、社会奉仕へ 自宅軟禁は回避 - MSN産経ニュース

イタリア北部ミラノの裁判所は15日、昨年8月に脱税事件で禁錮4年(恩赦法で1年に減刑)の実刑判決が確定したベルルスコーニ元首相に対し、老人ホームでの1年間の社会奉仕を命じることを決定したと明らかにした。

中日新聞:ドイツは失敗したか<6> 脱原発という合理主義:社説

今のところ、ドイツの脱原発が抱える最大の課題は送電線の拡充だ。風力が豊かな北の海から、自動車産業など製造業の集積がある南部に向けて“電力のアウトバーン(高速道路)”と呼ばれる送電網を築く必要がある。ところが、これがなかなかはかどらない。
 高圧線の敷設による景観阻害や地価の下落、健康への影響などを心配し、反対を唱える人が少なくないからだ。脱原発には賛成だし、送電線が必要なのもよく分かる。しかし「ノット・イン・マイ・バックヤード(わが家の裏庭はだめだ)」なのである。

バルサ関係者?怪文書がネット拡散 : nikkansports.com

内容は、マルティノ監督の退団は3カ月前からの既成事実であることや、独ドルトムントのクロップ監督の獲得に動いていること。クロップ監督が就任した場合、3500万ユーロ(約49億円)でドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイスを獲得すること。FWメッシが、今季はW杯に集中して、来季はクラブで全力を出すとチームメートに話していること、そんなメッシにチームメートの多くが嫌気をさしていること。GKピントと、MFセスクの妻同士が友人のため、放出すべきではないことなどが書かれていたという。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年04月16日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 15 April 2014 | トップページ | News Headlines - 16 April 2014 »