2014.07.10

2014年07月10日のニュース・クリップ

時事ドットコム:米情報部門代表を国外退去=スパイ疑惑で不信感-ドイツ

米情報機関がドイツで情報収集活動を行っていた問題に関連して、ドイツ政府は10日、在ドイツ米大使館の情報部門代表者に国外退去を命じた。ドイツでは今月に入り、連邦軍や情報機関の関係者が米国のスパイとして活動した疑いが相次いで発覚。ドイツは米国への不信感を強めていた。

イギリスの大学が「イヤホンケーブルの絡まりを防止する方法」を実証: 端同士をまとめてみましょう - | Technity

この研究は、イギリスのアストン大学で物理学や数学の研究を行っているRobert Matthews氏によるもの。同氏は、2010年にヒモの両端をつないでループ状にすることで絡まりの発生を防止可能であることを数学的に証明した「Roop Conjucture」と呼ばれる理論モデルを開発(※1)しており、その妥当性を検証するために、今回実際のヒモを使った大規模実験を行っています。
Matthew氏は、イギリス国内の学校に対して、子どもたちに長さの異なる(55~183cm)様々なヒモをグシャグシャにする簡単な実験を行ってもらうよう依頼。のべ12,000回におよぶ実験から、現実のヒモでも、端同士をまとめることで劇的に絡まりが少なくなることが判明しました。

フランス実写版『美女と野獣』の映像公開!幻想的なダンスシーンも - シネマトゥデイ

美しい娘ベルと醜い野獣が織り成すファンタジーの傑作をフランスで実写化した映画『美女と野獣』の特報映像が公開され、幻想的なその世界観の一端が明らかになった。野獣役はフランスを代表するセクシー俳優ヴァンサン・カッセル、ベル役は『アデル、ブルーは熱い色』でパルム・ドールに輝いたレア・セドゥだ。

FIFA、負傷ネイマールの給与支払いを負担か スペイン紙報じる - SANSPO.COM(サンスポ)

スペインメディアによると、FIFAは規則で28日以上の負傷離脱を余儀なくされた選手に対して、給与を負担する義務を負っているという。そのため、8月2日以降もネイマールが復帰できなければ、バルセロナに代わってFIFAが同選手の給与を支払わなければいけないと伝えられている。
 ネイマールはバルセロナで年俸510万ユーロを受け取っているとされ、FIFAは一日につき1万3972ユーロを支払うことになる。

ドイツ対アルゼンチン、決勝カードは過去1勝1敗 - 2014ワールドカップ:朝日新聞デジタル

ドイツとアルゼンチンの決勝は3度目で、W杯の決勝の組み合わせとしては最多となる。過去の対戦成績は1勝1敗だ。
 対戦はいずれもドイツが西ドイツだった時代。最初は1986年メキシコ大会で、アルゼンチンが3―2で勝った。マラドーナが「神の手」や「5人抜きゴール」の伝説を残し、「マラドーナの大会」と呼ばれた。
 2度目の対戦は4年後の90年イタリア大会。ベッケンバウアー監督が指揮し、闘将マテウス、日本でも活躍したリトバルスキーやブッフバルトを擁した西ドイツが1―0で勝ち、3度目の優勝を遂げた。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年07月10日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 09 July 2014 | トップページ | News Headlines - 10 July 2014 »